吐きだめの悪魔
ホーム > 作品情報 > 映画「吐きだめの悪魔」
メニュー

吐きだめの悪魔

劇場公開日

解説

古い安物ワインを飲んだ浮浪者が続々と溶け、爆発するというホラー。製作・脚本はロイ・フランクス。監督はジム・ミューロー。撮影はデイヴィッド・スパーリング、音楽はリック・ウルフィック、特殊メイクはジェニファー・アスピナルが担当。出演はビル・チェピル、マイク・ラッキーほか。

ストーリー

ニューヨークのマンハッタン。ここの自動車廃棄場にフレッド(マイク・ラッキー)と弟ケヴィン(マーク・スフェラッツァ)が住んでいた。酒店主エド(M・ジャンゴ・クランチ)は地下の壁板の裏にあった60年前のワインを、1本1ドルで売り出す。このワインをフレッドがくすね、それをまた彼から盗んだ老人は飲んだら青い色のどろどろと化してしまう。ビルの非常階段で飲んでいた浮浪者が溶け始め、下を歩いていた男がその溶液をあびて同じ運命にあう。警官ビル(ビル・チェピル)がこの連続殺人事件の捜査に当たることになり、自動車廃棄場にすくう浮浪者どものボスのブロンソン(ヴィク・ノト)と対決する。廃棄場の持主は部下のウェンディ(ジェーン・アラカワ)が、ケヴィンにやさしくすることに怒るけど、彼女は一向に気にしなかった。マフィアのボス、ニック(トニー・ダロー)の情婦が酔っ払い、フレッドと一緒にオンボロ車の間の隠れ場でファック。のぞき見してた浮浪者どもがそのあと彼女を輪姦する。その死体を屍姦する廃棄場主。ヴェトナム復員兵のブロンソンは戦場の悪夢に悩まされ、狂気の如くふるまい、人骨で作ったナイフでビルを刺殺する。ブロンソンの情婦(ミリアム・ズッカー)、エドが例のワインを飲んで溶ける。ケヴィンとウェンディが抱きあってるところへ、ブロンソンが割り込み、ケヴィンを追いつめる。フレッドが例のワインをブロンソンになげつけ、ブロンソンを倒す。...

スタッフ

監督
脚本
ジム・ミューロー
製作総指揮
James Muro Sr.
Edward Muro Sr.
製作
ロイ・フランケス
撮影
デイヴィッド・スパーリング
音楽
リック・ウルフィック
特殊メイク
ジェニファー・アスピナル
字幕
林完治

作品データ

原題 Street Trash
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全1件)
  • 気持ち悪かった 2013年カナザワ映画祭で見た。変な酒を飲んで体が溶けるのがとんでもなく苦しそうでそんな死に方だけは嫌だと強く思った。 クライマックスは非常にスリリングで盛り上がり、撮影がなによりとてもしっかり... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2013年12月26日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「吐きだめの悪魔」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi