墓場なき野郎ども
ホーム > 作品情報 > 映画「墓場なき野郎ども」
メニュー

墓場なき野郎ども

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

実在のギャング、アベル・ダノスを主人公にした小説の映画化である(原作ジョゼ・ジョヴァンニ)。監督は、ジョルジュ・フランジュの「顔のない眼」で助監督をつとめたクロード・ソーテ。脚色はソーテ、ジョバンニ、パスカル・ジャルダンの三人。台詞もジョバンニ。撮影はギスラン・クロッケ。音楽は「やるか、くたばるか」のジョルジュ・ドルリュー。出演は「野獣は放たれた」のリノ・ヴァンチュラ、「二重の鍵」のジャン・ポール・ベルモンド、「両面の鏡」のサンドラ・ミーロのほか、シモーヌ・フランス、スタン・クロールら。

ストーリー

ミラノ駅で、子供連れの男が誰かを待っていた。レイモン(スタン・クロール)だ。妻ともう一人の子供を連れたアベル・ダボス(リノ・ヴァンチュラ)が現れた。アベルとレイモンはギャングの相棒だ。欠席裁判で死刑を宣告され、逃げ廻っている。アベルは妻と二人の子持ちだ。彼らを先に汽車で発たせた後、アベルらは街頭で、郵便夫を襲い現金を奪った。車で非常線を巧みに突破し、妻たちの待つバンチミリヤに着いた。翌日、サン・レモから船をやとった。沖で、水夫を海中に放りこみ、レイモンが運転を始め、マントンへ向った。夜、その近くの入江に上陸した。その時、二人の税関警備隊に発見された。闇の中での射ち合い。妻テレーズとレイモンが倒れた。そして死んだ。アベルは慟こくした。二人の子供は眼を見はったままだ。--たちまち非常線が張られた。ラジオが放送した。“兇悪ギャング、アベルは二人の子を連れています”アベルはパリの昔の仲間に電話した。仲間は関係のないエリック(ジャン・ポール・ベルモンド)という独立愚連隊を寄こした。救急車にギ装した車にアベル親子を乗せパリへ引き返す途中、エリックは男と争っていたリリアンという劇団の若い娘を救った。彼女が看護婦を装ったお蔭で、非常線も突破できた。パリで再会を約して別れた。アベル親子を仲間は誰もかくまおうとせず、エリックが引き受けた。その前に、アベルは子供を博物館の案内人をしている、妻の父親夫婦にあずけた。--エリックはリリアンをたずね、二人は恋し合うようになった。アベルは子供の教育費と高飛びの費用を手に入れようとした。昔、恩をかけた盗品故売の宝石商を襲い、目的をはたした。--私立探偵がエリックをつけ始めた。例の宝石商と昔の仲間の一人の命令だった。アベルは、さらばと、その二人を殺した。仲間のもう一人が自分の命の保証と引きかえに、警察にアベルの居所を売った。--外から帰ってきたエリックが張込みの刑事に捕まった。アベルのいる部屋へ入るオトリにされた。知らせようとし、足を撃たれた。リリアンは叫んだ。アベルは逃げおおせた。昔の仲間の青年の部屋にかくまわれた。残った一人を殺すつもりだ。が、そこで読んだ新聞で殺した仲間の妻が心臓マヒで死んだことを知った。彼を不幸なおもいが押し包んだ。死んだ自分の妻のことが、残された子供のことが--。彼はかくれ家をあとに、パリの雑踏へさまよいでた。...

作品データ

原題 Classe Tous Risques
製作年 1960年
製作国 フランス
配給 新外映

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

ハーフ・ア・チャンス HDリマスター版 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] モラン神父[DVD] カトマンズの男[Blu-ray/ブルーレイ] ボルサリーノ<デジタル・リマスター版>[DVD]
ハーフ・ア・チャンス HDリマスター版 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] モラン神父[DVD] カトマンズの男[Blu-ray/ブルーレイ] ボルサリーノ<デジタル・リマスター版>[DVD]
発売日:2016年9月2日 最安価格: ¥3,836 発売日:2014年8月22日 最安価格: ¥1,029 発売日:2014年5月21日 最安価格: ¥3,175 発売日:2014年4月2日 最安価格: ¥3,285
Powered by 価格.com

他のユーザーは「墓場なき野郎ども」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi