ハウリング
ホーム > 作品情報 > 映画「ハウリング」
メニュー

ハウリング

劇場公開日

解説

現代のロサンゼルスで起こった連続殺人事件に端を発し、伝説の人獣、狼男が出現し人々を襲う姿を描く恐怖映画。製作はマイケル・フィネルとジャック・コンラッド、監督は「ピラニア」のジョー・ダンテ、脚本はジョン・セイルズとテレンス・H・ウィンクレス、撮影はジョン・ホラ、音楽はピノ・ドナジオ・特殊メイクはロブ・ボーティンが各々担当。出演はディー・ウォーレス、パトリック・マクニー、デニス・デューガ.ン、クリストファー・ストーンジョン・キャラディン、スリム・ピケンズ、ベリンダ・バラスキー、エリザベス・ブルックスなど。

ストーリー

ロサンゼルスでは殺人事件が連発し世間を騒がせていた。テレビでは、ジョージ・ワグナー博士(パトリック・マクニー)がこの殺人事件に関連した異常心理について解説している。一方、人気ニュース・キャスターのカレン(ディー・ウォーレス)は、数日前、エディと名乗る男から呼び出され、約束の場所に向うがそれが例の殺人事件の犯人であると直感したカレンは探知器を持ち歩き警察がバック・アップしていた。指定のポルノ・ショップで、カレンは突然エディらしき男に襲われるが、その場にやって来た警官が発砲し、エディはその場で射殺される。ショックで精神錯乱に陥ったカレンは、ワグナー博士に勧められ、夫のビル(クリストファー・ストーン)と共に郊外のコロニーに出かけた。一方、カレンの同僚テリー(ベリンダ・バラスキー)とクリス(デニス・デュガン)が犯人エディの人間像を調査した結果、伝説の人獣、狼男の存在が浮かび上がる。狼男が銀の弾丸でないと死なないと聞いた2人は、早速検死所へ行くが、すでにエディの死体は消えていた。コロニーに入ったカレンは、毎夜、狼の遠ぼえ(ハウリング)に悩まされ、狼狩りに行ったビルは狼に襲われ腕をかまれた。ある夜、突然起きて出かけたビルは、森の中でコロニーの住人マーシャ(エリザベス・ブルックス)と会い抱き合った。そして、狼へと変貌する2人。ビルの様子に不安を感じたカレンは、テリーを呼び寄せるが、あたりを散策していたテリーが、不気味な一軒家の中で狼に襲われ殺される。テリーの死体を見て驚くカレンの前に死んだ筈のエディが現われ、狼へと変貌する。実はこのコロニーの住人すべてが狼人間で、彼らは、ワグナー博士のもとで、人間社会との融和の試みの実験材料としてコロニーで生活していたのだった。だが彼らの中の過激な一派が、それを乱し、人間社会に挑もうとしていたのだ。クリスらは狼たちを小屋に押し込むと火を放ち逃亡するが、その際カレンが肩をかまれる。自分の運命を悟ったカレンは、テレビで狼人間のことを報道し、その実証として、自らその場で狼に変貌するのだった。狼人間騒動で湧く町。あるレストランで、1人の女性がステーキを注文した。それは、何とあの狼人間のマーシャなのだった。...

作品データ

原題 The Howling
製作年 1981年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ハウリング」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi