ハイヤー・ラーニング
ホーム > 作品情報 > 映画「ハイヤー・ラーニング」
メニュー

ハイヤー・ラーニング

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

名門大学に入学した3人の若者たちの姿を通してアメリカの今を浮き彫りにした社会派学園ドラマ 。監督・製作・脚本の三役を務めるのは「ボーイズ'ン・ザ・フッド」「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」の俊英ジョン・シングルトン。撮影はピーター・リヨンズ・コリスター、名ジャズ・ベース・プレイヤーとして知られる音楽のスタンリー・クラークと編集のブルース・キャノンはシングルトンの前作「ボーイズ'ン・ザ・フッド」に続いての参加。美術は「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」のキース・ブライアン・バーンズがあたった。またアルフレッド・ヒッチコック作品で知られる「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のソウル・バスがタイトル・デザインを担当。「マネキン2」のクリスティ・スワンソン、「メジャーリーグ2」のオマー・エップス、「トゥルー・ロマンス」のマイケル・ラパポートが3人の新入生を演じ、ローレンス・フィッシュバーンにラッパー兼俳優のアイス・キューブ(挿入曲も提供)と「愛の地獄」のジェニファー・コネリーが脇を固めている。

ストーリー

新学期、今年もコロンブス大学のキャンパスは新入生たちで溢れている。その中にはカリフォルニアからやって来たクリスティ(クリスティ・スワンソン)、陸上選手として奨学金を得て入学した黒人学生のメリック(オマー・エップス)、エンジニア志望のレミー(マイケル・ラパポート)の三人がいた。彼らは、黒人学生のリーダー、ファージ(アイス・キューブ)、厳しいがメリックのよき相談者でもあるフィリップス教授(ローレンス・フィッシュバーン)、レズビアンで性差別をなくす運動をしているタリン(ジェニファー・コネリー)などさまざまな人々にキャンパスで出会う。やがて彼らもしだいに大学生活に溶け込んでいったが、ある日、クリスティがデートレイプされそうになり、それが黒人学生と白人学生の対立にまで発展してしまう。この事件以降、クリスティはタリンの運動に加わるようになるが、その一方、友達ができず、孤独なレミはネオナチのグループにのめり込んでしまう。そしてクリスティが企画した差別撤廃の集会で事件は起こった。集会の最中、レミが校舎からライフルを乱射し始めたのだ。恋人デジャ(タイラ・バンクス)を撃たれたメリックはレミのもとに走るが、追いつめられたレミは制止にも関わらず、拳銃で自分の頭を撃ち抜き、自殺した。この事件が残した苦い教訓を胸に秘め、クリスティとメリックはそれぞれに再出発していくのだった。...

作品データ

原題 Higher Learning
製作年 1995年
製作国 アメリカ
配給 コロンビア トライスター映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ハイヤー・ラーニング」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi