ハイ・シェラ
ホーム > 作品情報 > 映画「ハイ・シェラ」
メニュー

ハイ・シェラ

劇場公開日

解説

心の底で汚れない愛と自由を求めたヒューマンな犯罪者の姿を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはハル・B・ウォリス、監督はラウール・ウォルシュ、原作・脚本はW・R・バーネット、共同脚本はジョン・ヒューストン、撮影はトニー・ゴーディオ、音楽はアドルフ・ドイッチェが担当。出演はハンフリー・ボガート、アイダ・ルピノほか。

ストーリー

インディアンの農家の息子から凶悪な銀行強盗犯となったロイ・アール(ハンフリー・ボガート)は、8年ぶりに特赦で出所し、仲間のビッグ・マックがお膳立てしているロスの高級リゾート・ホテルの強盗の片棒を担ごうとしていた。若い手下のベイブ・コサック(アラン・カーティス)とレッド・ハタリー(アーサー・ケネディ)の待つキャンプ場へ到着したロイは、彼らが一緒に連れて来た娘マリー・ガーソン(アイダ・ルピノ)が邪魔で仕方ない。また強盗の手引きをするフロント係のメンドーサ(コーネル・ワイルド)の怖気づいている様子も気に懸かる。そんなロイだったが、道中のガンリンスタンドで出会ったグッドヒュー老夫婦の孫娘ベルマ(ジョーン・レスリー)に愛情を抱き、足の悪い彼女の手術代の捻出を申し出たりもした。果たして強盗決行、ロイはパトロール中の警官を射殺、逃亡の際ベイブとレッドは運転をあやまり事故死。マックも心臓発作で死亡、襲ってきた部下のジェイクをロイは射殺、彼も傷を負いながらマリーと逃亡する。その途中、全快したべルマのもとを訪れたロイは、彼女から婚約者を紹介され、裏切られた思いでベルマへの愛を断ち切り、かねてから彼に寄せられていたマリーの愛情に応えるのだった。マリーをバスに乗せ彼女と別れたロイは、車で逃走中強盗で資金稼ぎをし警察の非常線にかかってしまう。ハイ・シェラに追いつめられたロイは、報を知り駆けつけたマリーの見守る中、狙撃手に撃たれ息絶えるのだった。...

作品データ

原題 High Sierra
製作年 1941年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ハイ・シェラ(字幕版)
ハイ・シェラ(字幕版)
2014年8月10日
¥300
iTunes

他のユーザーは「ハイ・シェラ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi