ハーフムーン・ストリート
ホーム > 作品情報 > 映画「ハーフムーン・ストリート」
メニュー

ハーフムーン・ストリート

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

ロンドンのハーフムーン街を舞台に、女性学者と外交官の恋と、彼らが巻きこまれた政治的陰謀を描く。製作総指揮はデイヴィッド・コルダと「ウォール街」のエドワード・R・プレスマン、製作はジェフ・リーヴ。ポール・セローの原作を「マスカレード 甘い罠」のボブ・スウェイムが脚色・監督。共同脚本はエドワード・ベア、撮影はピーター・ハナン、音楽はリチャード・ハーヴェイが担当。出演は「エイリアン2」のシガニー・ウィーヴァー、「ハンナとその姉妹」のマイケル・ケイン、ラム・ジョン・ホルダーほか。

ストーリー

ロンドンの中東戦略研究所に勤める、アメリカ出身の学者ローレン・スロータ(シガニー・ウィーヴァー)は生活は質素、亭主とも離婚直前の別居状態、おまけに強く望んでいた実地調査のためのクウェート行きの切符も同僚の手に渡ってしまい、ショックに打ちひしがれていた。そんな折、アングロ・アラブ投資信託銀行のヴァン・アーカディ(キース・バックリー)と名乗る男の誘いに乗り、売春クラブであるジャスミン社のドアを叩き、夜の女としての二重生活を始めた。素顔のままで堂々と男たちに接するローレンの評判は極めて良かった。ある夜彼女は、客の1人として中東の権威、ブルベック卿(マイ・クル・ケイン)と知り合い、愛し合うようになる。ブルベック卿は中東和平協定の代表者で、そのため協定を阻止しようとするテログループから常に命を狙われていた。状況が厳しくなり、その愛は深まっていったが、その間にもローレンにはアーカディの知人でパレスチナ人らしきカリム・ハタミ(ナディム・サワルハ)やソニイ(ヴィンセント・リンドン)といった客が近付いて来た。ブルベックと出直したいと願うローレンは、ハーフムーン街のマンションに引っ越し、ジャスミン社とすっかり精算する。ベルベックが平和協定のため中東の地へ降り立った頃、突然、彼女の部屋にソニイが訪れた。彼は狂気の狙撃者と化していた。とっさの判断でソニイをバスルームにおびき出した彼女は、夢中でとどめを刺した。だが間もなく、彼女の前に銃を構えたカリムが立っていた。全ては背後でアーカディが糸を操っている、仕組まれた罠であった。...

作品データ

原題 Halfmoon Street
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ハーフムーン・ストリート」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi