ハートに火をつけて(1989)
ホーム > 作品情報 > 映画「ハートに火をつけて(1989)」
メニュー

ハートに火をつけて(1989)

劇場公開日

解説

殺人現場を目撃した女性と彼女を消すために組織から送り込まれた殺し屋の愛と逃避行を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・ルーサーとミッチェル・キャノルド、製作はディック・クラークとダン・ポールソン、「カラーズ 天使の消えた街」のデニス・ホッパー(アラン・スミシー)が監督および主演を担当、脚本は原作のレイチェル・クロンスタッドマンがアンルイス・バーダッシュらと共に執筆、撮影はエド・ラックマンがあたっている。共演はジョディ・フォスターほか。監督も務めたデニス・ホッパーが製作会社の無断編集に抗議したためアラン・スミシー名義となっている。後にホッパーが編集したヴァージョンが「バックトラック」のタイトルで公開された。

ストーリー

大きな個展を控えた夜、ロサンゼルスで現代アートを手掛けている芸術家のアン(ジョディ・フォスター)は偶然マフィアの殺人現場を目撃した。その場からかろうじて逃げることはできたが、マフィアに追われボーイフレンドのボブ(チャーリー・シーン)が間違えられて殺されてしまう。身の危険を感じたアンは全てを捨てて姿をくらますが、彼女の逃走を知った組織のボス、カレリ(ジョー・ペシ)はプロの殺し屋マイロ(デニス・ホッパー)を雇い入れ彼女を追わせる。一方マフィア壊滅を企てるFBI捜査官ポーリング(フレッド・ウォード)もアンを追った。マイロは情報収集のためアンの部屋に忍び込むが、アンの黒い下着をまとったスナップを見たことから彼女への愛が芽生える。その頃アンはシアトルの広告代理店で新しい生活を送っていたが、ある口紅の広告がアンの手によるものであることを見抜かれ、居所を突き止められる。アンはニューメキシコの田舎町へ逃亡するが、ついにマイロに捕まってしまう。銃口を向け、死ぬか俺の女になるかを迫るマイロにアンはやむなく言いなりになる。と同時にマイロはアンの本当の愛を得ようと必死になり、とまどい呆れるアンであったが、次第にマイロの純粋な気持ちに惹かれていく。そして組織から逃れようとする2人は、一計を案じて、幹部を工場におびき寄せ、爆破事故を起こして彼らを倒し、無事逃げて行くのだった。...

作品データ

原題 Catch Fire
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 アスキー映画
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ハートに火をつけて(1989)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi