ノーバディーズ・フールのレビュー・感想・評価

ノーバディーズ・フール

劇場公開日 1995年6月24日
1件を表示 映画レビューを書く

演技は良かったが、こじんまりとした話でそれほどのめり込まなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:65点
ストーリー: 65
キャスト: 80
演出: 70
ビジュアル: 70
音楽: 65

 小さな田舎町に住み続ける初老の貧乏人を主人公にして、彼の人生と彼を取り巻く人間関係を描いていく。彼が不幸な家庭に生まれたのは彼のせいではないが、彼が不幸なのは、特に家庭が不幸なのは彼自身の責任によるものだろう。それでも彼がやってしまった過去のことはもう変えられない。だがちょっとした出来事でささやかな幸せを得ることが出来て、人との繋がりや暖かさを確認出来て満足出来たのかな。たとえ日常生活に大きな変化がなくても、人との繋がりがあるのと無いのとでは大きな違いで、そんな小さな世界の小さな物語だった。
 良かったところは出演者の演技。ポール・ニューマンをはじめとして、出演者の多くが味のある演技をしていた。反面、あまり好きになれなかったのは物語。結局偶然に息子に出会ったことや偶然に孫がトラックに乗っていたことや息子が家庭に問題を抱えた上に失業したことが今回の変化をもたらしているわけで、受け身すぎて彼自身の努力によるものという気がしない。演技ではなくて主人公の能力や性格にそれほど魅力を感じなかったし、それだからだろうか、描かれている内容も小さくてそれほどのめり込めなかった。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi