ネメシス
ホーム > 作品情報 > 映画「ネメシス」
メニュー

ネメシス

劇場公開日

解説

近未来を舞台に、人間とサイボーグの抗争を描くSFアクション。監督は「キックボクサー2」のアルバート・ピュン、製作は「ライオンハート」のアシュ・R・シャー、エリック・カーソン、トム・カルノフスキー、エグゼクティヴ・プロデューサーはアンダース・ジョンソン、脚本はレベッカ・チャールズ、撮影はジョージ・ムーラディアン、音楽はマイケル・ルビーニが担当。

ストーリー

2027年、地球上は荒廃し、人工臓器の開発により、サイボーグ化した人間が出現し、暴力がはびこる世界となっていた。ロボット工学関連の犯罪専門のロス警察の捜査官アレックス(オリヴァー・グラナー)は、ある捜査で重傷を受け、大々的な人工臓器移植手術を受け、失意の底で麻薬に溺れていく。コンピューター・チップの密輸組織に身を落としたアレックスは、彼の心臓に植え付けられた爆弾のために、スイッチを握るボスのファーンズワース(ティム・トマーソン)の命令に従うしかなかった。盗まれたチップを取り戻すことを命じられたアレックス。チップはアレックスの元恋人ジェアードが持っていて、テロリスト集団ハンマーヘッドに売ろうとしていた。アレックスは自分が両者をおびき出すためのおとりであることに気がついた。問題のチップはクローン人間製造工場計画の情報が入っていた。最終目的は全世界の首脳をサイボーグとすり替えることだった。首謀者であるファーンズワース自身もサイボーグだった。ハンマーヘッドの正体は、完全な人間たちの集団で、サイボーグの完全破壊を目的としていた。悩んだアレックスは人間の側に付き、ファーンズワースたちと戦い、彼らを全滅させたかに見えたが、生き残ったファーンズワースが、アレックスの前に現れ、耳をつんざくような爆発音が鳴り響くのだった。...

スタッフ

監督
脚本
レベッカ・チャールズ
製作総指揮
アンダース・ジョンソン
製作
アシュ・R・シャー
エリック・カーソン
トム・カルノフスキー
撮影
ジョージ・ムーラディアン
音楽
マイケル・ルビーニ
特殊効果
Terry Frazee
特殊メイク
David Barton
字幕
岡田壯平

作品データ

原題 Nemesis
製作年 1992年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ネメシス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi