2番目に幸せなこと
ホーム > 作品情報 > 映画「2番目に幸せなこと」
メニュー

2番目に幸せなこと

劇場公開日

解説

一夜の過ちで子供を得て“夫婦”になった自立した女性とゲイの男性のカップルをめぐるドラマ。監督は「スウィーニー・トッド」のジョン・シュレシンジャー。脚本はトーマス・ロペルスキー。撮影は「アウト・オブ・サイト」のエリオット・デイヴィス。音楽は「シティ・オブ・エンジェル」のガブリエル・ヤレド。出演は「エビータ」のマドンナ、「恋におちたシェイクスピア」のルパート・エヴェレットほか。

ストーリー

ヨガのインストラクターのアビー(マドンナ)は、子供を産む最後の機会と信じて交際した相手と別れた。いっぽう、彼女の親友でゲイのロバート(ルパート・エヴェレット)も友人をエイズで亡くし、失意に沈んでいた。慰め合うふたりはカクテルを飲み過ぎ、勢いで一夜を共にしたが、これが元でアビーは妊娠。ふたりは親友関係のまま、協力して子供を育てることを決めた。こうして息子サム(マルコム・スタンプ)は6歳に。お互いに息子への愛情を注ぎながら平穏な生活を営んでいたふたりだが、アビーがN.Y.の銀行投資家ベン(ベンジャミン・ブラット)と恋におちたことで事態は急変。アビーは彼と結婚し、N.Y.へ移住したいと言い出すが、サムを手放したくないロバートは反対。アビーはある日サムを連れてベンの元へ去り、ロバートは養育権をめぐって裁判を起こす決心をする。だがいっぽう、新生活を始めたアビーはロバートとの生活をなつかしむように。サムもロバートを恋しがっていた。かくしてアビーとロバートのふたりは、親友同士としてわが子を育てるどうか、再び決断を迫られるのだった。...

作品データ

原題 The Next Best Thing
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
上映時間 108分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「2番目に幸せなこと」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi