濁った水
ホーム > 作品情報 > 映画「濁った水」
メニュー

濁った水

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

記憶喪失に陥った男が過去を追い求めるうちに辿り着いた部屋で見たものは……スペインのカタルーニャの幻想的なミステリー。製作はジュア・ユベレス、監督はアンダーグラウンド出身のへスース・ガライ、脚本はガライとグスタボ・ヘルナンドス、リカルド・フィゲレスの共同、撮影はユレンス・スレー、音楽はハビエル・ナバレーテが担当。出演はムンサ・アルカニスほか。

ストーリー

イタリアで映画女優をしているアンドレア(ムンサ・アルカニス)は、弟ビクトル(ペップ・ムネー)が記憶喪失に陥り精神病院に入院しているという知らせで急遽帰国する。その原因を探ろうとしたアンドレアは弟がネリダという女性を捜し廻っていることを知り、彼の後を尾行するが辿り着いた先は無人のアパートであり、その部屋ではビクトルが記憶喪失に陥ったのと同じ時期にオルビート・ビントローという女流彫刻家が殺されていた。しかしそんなアンドレアを警部モンテス(ホセ・マリア・ポウ)が追い始め、一方ビクトルはビントローの「浴槽に横たわる長い髪の女」という遺作を見て何か衝撃を受けた様子だった。深まる謎の中でアンドレアは再びあのアパートに向かい、そこでビクトルが覚醒剤取引きにからんで愛人ネリダを浴槽の中で殺してしまったという事実をつかむ。そして事件の背後にモンテスとビクトルの前妻マリサがいることを知ると、過剰な弟への愛の余り二人を殺してしまい、そして自らネリダに変装して浴槽につかり何も知らない弟に撃ち殺されることを望む。しかしその時突然ビクトルの頭に記憶が戻る。彼が本当に愛していたのはネリダではなくアンドレアだったのだ。愛を確認しあった二人は一つの浴槽の中で激しく抱き合うのだった。...

作品データ

原題 La Banyera
製作年 1989年
製作国 スペイン
配給 コムストック

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「濁った水」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi