夏の遊び
ホーム > 作品情報 > 映画「夏の遊び」
メニュー

夏の遊び

劇場公開日

解説

スウェーデンが世界に誇る映画作家イングマール・ベルイマンの初期の傑作。ベルイマンが小学生の時に書いたという小説「マリー」を、自ら脚色。後の名作「野いちご」(1957)を彷彿とさせるフラッシュバックを使用し、あるプリマ・バレリーナの過去の苦い恋を描いた。新聞記者ダビッドと結婚するか、バレリーナとして仕事を続けるかの選択に悩むマリーのもとに古い日記が届き、それを読んだマリーは少女時代を過ごした思い出の地を訪れる。当時、バレエ教室の生徒だったマリーは、ヘンリックという学生と出会い、恋をするが……。「ベルイマンの黄金期 ’50-‘60年代 6本の傑作」(2014年7月26日~8月8日)にてデジタルマスター版で上映。

作品データ

原題 Sommarlek
製作年 1951年
製作国 スウェーデン
配給 マジックアワー
日本初公開 1992年9月26日
上映時間 90分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全2件)
  • メモ 日記で過去を振り返る構成。 映画ラスト、バレエの先生の登場シーンが怖くて笑った。 脚を映すなどカットに工夫。 最後、過去に決着をつける。年を重ねてまた観れば違う感想持てるかも。登場人物一人一人の... ...続きを読む

    happyhappy310 happyhappy310さん  2015年11月23日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • ベルイマン初鑑賞 昨年夏にユーロスペースで特集上映していたベルイマンだが見損ねていたままだった。 カットの繋がりに工夫が滑らかになるような演出が随所にみられ、映画的な表現の楽しみ方を教えてくれる。 結婚とキャリア... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2015年1月24日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi