ドンファン
ホーム > 作品情報 > 映画「ドンファン」
メニュー

ドンファン

劇場公開日

解説

現代のN.Y.に現れた、伝説の伊達男ドンファンを名乗る正体不明の青年の華麗な恋の遍歴を描いた、奇想天外なラヴロマン。『クリエイター』(V)など数々の作品を手掛けた脚本家ジェレミー・レヴィンが、自らの脚本で監督デビューを果たした。製作は「フランケンシュタイン(1994)」のフランシス・フォード・コッポラ、フレッド・フックス、パトリック・パーマーの共同。撮影はラルフ・ボード、美術はシャロン・シーモア。ロック、オペラ、マリアッチと多彩な要素を盛り込んだ音楽は「未来世紀ブラジル」などのマイケル・ケイメンで、主題歌はブライアン・アダムスの『リアリー・ラヴド・ウーマン』。主演は「エド・ウッド」のジョニー・デップ、「1492 コロンブス」のマーロン・ブランド、「アリゾナ・ドリーム」に続いてデップと共演したフェイ・ダナウェイ。「マンボ・キングス わが心のマリア」のタリサ・ソト、「IP5」のジェラルディン・ペラス、「F/X2 イリュージョンの逆転」のレイチェル・ティコティンらが脇を固めている。

ストーリー

引退を間近に控えた優秀な精神科医ジャック(マーロン・ブランド)の元に、ビルの屋上から飛び下り自殺を図ろうとした青年(ジョニー・デップ)が引き渡された。本名も住所も過去も分からず、仮面とマントと剣まで携えて時代錯誤も甚だしい青年は「私の名はドンファン・デマルコ。愛の貴公子」と語り、不思議な愛の遍歴を語り始めた。メキシコで生まれた彼は、尼僧も恋するほどの美貌の持ち主。16歳で初めて恋したドンナ・フリア(タリサ・ソト)は人妻で、彼女の浮気を知った夫は、復讐のためドンファンの母ドンナ・イネス(レイチェル・ティコティン)との不倫を言いふらす。母の名誉を守るため、父は決闘を申し込み、相手の剣に倒れた。とっさに父の仇を剣で突き殺したドンファンは、わが身の恥を隠すため仮面をつけ、人前では決して外さないと誓う。悲しんだ母は、修道院に入った。彼が21歳で命を絶とうとしたのは、初めて心から愛した女性ドンナ・アナを失ったからだ。故郷を去った彼はアラビアへと渡り、奴隷として買われた王妃の寵愛を受けたばかりか、1 500 人のハーレムの女たちから数々の愛のテクニックを教え込まれた。青年の物語にいつしか引き込まれていたジャックは、彼の言葉に刺激を受け、長年連れ添った妻マリリンへの忘れかけた愛を取り戻した。セラピー半ばの日。警察から、青年の素性がクイーンズ地区に住むジョニー・デマルコであることを聞かされたジャックは青年の祖母を訪ねるが、ピンナップガールに恋した青年の夢物語にすぎないことを知り、愕然となる。だが、連絡を受けた母親は彼の言葉どおり尼僧姿で現れ、「あなたの真実は、あなたの心の中にあります」とジャックに告げた。再び青年の物語は続く。彼は漂着した島でドンナ・アナ(ジェラルディン・ペラス)と激しい恋に落ちた。だが、自分がドンファンの1 502 人目の女性であることを知った彼女は嘆き悲しみ、姿を消してしまった。ジャックは彼の話を信じたが、周囲はそうはいかず、ついに青年は審問会にかけられることに。当日、青年は審問官に、クイーンズで生まれ、ピンナップガールに失恋した過去を語り、退院を許可された。現役を引退したジャックとマリリンはドンファンを連れ、ドンナ・アナの永遠の誓いを確かめるために、愛の世界“エロス島”に向かう。やはりドンナ・アナはいた。ジャックとマリアンは、かつてのように情熱的にダンスに興じるのだった。...

作品データ

原題 Don Juan DeMarco
製作年 1995年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第68回 アカデミー賞(1996年)

ノミネート
主題歌賞 “Have You Ever Really Loved A Woman”

第53回 ゴールデングローブ賞(1996年)

ノミネート
最優秀作曲賞 マイケル・ケイメン
最優秀主題歌賞 “Have You Ever Really Loved a Woman”

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ドンファン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi