月夜の渡り鳥
ホーム > 作品情報 > 映画「月夜の渡り鳥」
メニュー

月夜の渡り鳥

劇場公開日

解説

長谷川伸原作「瞼の母(1962)」より、鈴木兵吾、「舞妓はん」の元持栄美、「独立美人隊」の桜井義久が共同で脚色、「港に消えたあいつ」の市村泰一が監督した時代劇。撮影は「続・ニッポン珍商売」の倉持友一。

ストーリー

五つの時に別れた母を求めて、流れ流れて浅草にやって来た番場の忠太郎は、腕と気風のよい若者だった。浅草には、露店商人をいじめる松五郎一家がはびこっていたが、忠太郎はいつも松五郎一家に楯ついては、恋人の志乃の心配の種となっていた。時も時、浅草寺境内に芝居小屋をはっていたすみれ一座の座長が、何者かに殺された。生前松五郎に憎まれていたすみれを知る者は、松五郎の仕業とみたが、確証がなかった。忠太郎と志乃は早速、事件の追求に急ぎ、夜鷹のおたみから松五郎一家の仕業だと聞かされた。忠太郎が密かに追求しているのを恐れた松五郎は、すみれ殺しから手を引くことを条件に、忠太郎の母の居所を教えた。勿論、出たらめだ。しかし、十五年らい母を探す忠太郎は、松五郎の奸智に陥った。一方志乃はお鷹より、茶屋水熊の女将おはまが、十五年前貧困から子供を捨てたことを知らされ忠太郎の後を追った。今はもう、瞼の母に会うことのみを頭に描く忠太郎は、水熊に行き、女将おはまに会いたいと言った。おはまは、娘登世と何不自由ない暮しをしていたが、忠太郎の強要を、財産めあてのものと思って、すげなく追い帰した。今は母の姿に失望した忠太郎は、反抗心のとりことなって、再会に失望しながら帰途についた。が、おはまと忠太郎の激しい言い争いに気をきかせた茶屋の板前の知らせで、松五郎の待ちぶせに会った忠太郎は、怒りをぶちまけるように剣を抜いていた。兄忠太郎を追う登世の声も、今は、愛情にかられて後を追う母の声もなく、忠太郎は、志乃と旅立った。瞼の母が忠太郎をいつまでも励ますのだった。...

スタッフ

監督
脚色
鈴木兵吾
元持栄美
桜井義久
原作
長谷川伸
製作
今泉周男
撮影
倉持友一
美術
大角純一
音楽
小川寛興
録音
森沢伍一
照明
寺田重雄
編集
小西英広
スチル
田中辰造

キャスト

作品データ

製作年 1963年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 89分
映倫区分 G

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全3件)
  • すごいなー… 1番怖いのは鳥ではなく原因が謎ということ 鳥が人を襲う。町を襲う。そして人が人を襲う。しかし原因はわからない。 ストーリー、背景、キャスト、どうでもいい。発想がすごい。度肝をぬかれる。学校の側の... ...続きを読む

    トーレス トーレスさん  2011年6月14日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 大人になってから見ると 何回も見てますね 大人になってから見ると CGなどというものがなく、 鳥も止まった人形ばかりだったりして ちょっとがっかりしますが、 とにかく子供のころは、怖かったですね。 今の人達は、果たして... ...続きを読む

    赤いおじさん 赤いおじさんさん  2010年5月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 色あせない名作! 詳しい説明のないまま冒頭のストーリーが進むので、観ている側は次はどうなるんだろう?何が起きるの?と気になってしまう!鳥たちは常に襲ってくるわけじゃないので、いつ凶暴になるのか分からない緊張感。 ... ...続きを読む

    アッキーナ アッキーナさん  2010年5月4日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

花の兄弟[DVD] 吉永小百合 昭和の青春DVD-BOX[DVD] おけさ唄えば[DVD] 青春歌謡映画傑作選 青春の条件[DVD]
花の兄弟[DVD] 吉永小百合 昭和の青春DVD-BOX[DVD] おけさ唄えば[DVD] 青春歌謡映画傑作選 青春の条件[DVD]
発売日:2015年1月30日 最安価格: ¥1,870 発売日:2008年2月9日 最安価格: ¥17,690 発売日:2015年1月30日 最安価格: ¥1,854 発売日:2010年12月7日 最安価格: ¥1,455
Powered by 価格.com

他のユーザーは「月夜の渡り鳥」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi