途方に暮れる三人の夜
ホーム > 作品情報 > 映画「途方に暮れる三人の夜」
メニュー

途方に暮れる三人の夜

劇場公開日

解説

アメリカの自主製作映画界で注目されるグレッグ・アラキ監督が、パンク・ムーヴメントが過ぎ去った後の、若者たちの空虚な心情を描いた長編第1作。アラキ監督が脚本、撮影、編集を全て一人で担当。1987年ロカルノ映画祭ブロンズ賞受賞。

ストーリー

ロスアンジェルス。夜。ビデオ・アーティストのアリーシャ(ダーシィ・マルタ)と彼女のボーイフレンド、クレイグ(ジョン・ラック)、そして2人の親友で、ゲイのアーティスト、デイヴィッド(マーク・ホーウェル)の3人は孤独感と精神的な葛藤を抱え、互いに愛情を求めながら、混乱し、傷つけ合ってしまう。3人は饒舌に自分の心情を告白するが、その言葉はまるで自分自身に向かって語られ続けるように、行き場を見失ってしまうのだった。...

作品データ

原題 Three Bewildered People in the Night
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 スタンス・カンパニー

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
5.0 5.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「途方に暮れる三人の夜」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi