どしゃ降り
ホーム > 作品情報 > 映画「どしゃ降り」
メニュー

どしゃ降り

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

事故の裏に隠された疑惑をめぐって展開するロマンチック・サスペンス。製作はラルフ・ボーム、監督・脚本は「濁流」のレオナール・ケーゲル、撮影はジャン・ブルゴワン、音楽はクロード・ボランが各々担当。出演は「太陽が知っている」のモーリス・ロネ、ロミー・シュナイダー、シモーヌ・バッシュ、ガブリエレ・ティンティなど。

ストーリー

恋人同士のクロード(G・ティンティ)とマリーナ(R・シュナイダー)が乗った車が突然崖から転落した。マリーナは寸前ドアをあけて外へ飛び出し、無事だった。急を聞いてかけつけたクロードの兄セルジュ(M・ロネ)は事故の様相からマリーナを疑った。一方のマリーナも、なぜかクロードが生きているような気がして不安な時を過していた。セルジュはマリーナを誘って、クロードの車を探索した。死体はなかったが、シートの奥に弾の一発足りないピストルを見つけた。セルジュはマリーナへの疑惑を深めたが、一方彼女に激しい愛が燃えてくるのを感じていた。次の日、セルジュに警察から電報が届き、クロードの死体発見を知らせてきた。腐乱した死体はクロードとは判別しにくかったが年令着衣などからセルジュはクロードに違いないと判断した。しかし気になっていたピストルの弾は死体には入ってなかった。そのころマリーナが、買物を終り、エレベーターに乗ろうとした時、死んだはずのクロードがあらわれたのだ。必死に逃げたマリーナは、アパートに戻ってさらに驚いた。クロードが待ちうけていたのだ。クロードはあの時、自分を侮辱したマリーナを殺そうと車ごと海へ飛びこんだのだった。ナイフを持って迫るクロードを、マリーナは逆に刺し殺してしまった。そこへクロードの死体発見の報をもってきたセルジュに、マリーナは取り乱して犯行を告白したがたったいまクロードの死体を確認したセルジュは受けつけない。二人は過去を捨てて旅に出立することにした。しかし楽しい旅も束の間であった。数日間降りつづいた雨で土が洗われ、庭に埋めたクロードの死体があらわれてきたのだ。...

キャスト

作品データ

原題 Qui?
製作年 1970年
製作国 フランス
配給 大映第一フィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi