年上の女(1959)
ホーム > 作品情報 > 映画「年上の女(1959)」
メニュー

年上の女(1959)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

英国の新人作家ジョン・ブレインの原作を、ジャック・クレイトンが監督した作品。上流階級への野心と、自己の愛情との矛盾に悩む若い主人公を描くドラマである。脚色は「綱渡りの男」の原作者ニール・パタースン。撮影をフレディ・フランシス、音楽をマリオ・ナシンベーネが担当している。出演するのは「潜航雷撃隊」のローレンス・ハーヴェイ、「光は愛とともに」のヒーザー・シアーズ、「サレムの魔女」のシモーヌ・シニョレ、ドナルド・ウォルフィット、ドナルド・ヒューストン、レイモンド・ハントレー等。製作ジョン・ウルフとジェームス・ウルフ。

ストーリー

イギリス北部の都会ウォーンリー。ここの役所に赴任したジョー(ローレンス・ハーヴェイ)は立身出世を夢みるドライな青年だった。彼の望みはウォーンリーの高級住宅に一家をかまえることだった。それは上流社会に出入りすることを意味した。同僚は彼の夢を嘲笑した。彼は一級品ばかりの生活を諦らめなかった。やがて彼は市の有力者ブラウン氏の娘スーザン(ヒーザー・シアーズ)に目をつけた。彼は目的達成のために、彼女の跡を執拗に追った。ブラウン氏は上役に命じて、二人の交際をやめさせようとした。彼はくじけなかった。ブラウン氏はスーザンをフランスへ旅行に出した。落胆したジョーは、スーザンの入っている素人劇団の女優でフランス人の人妻アリス(シモーヌ・シニョレ)と知合った。不幸な結婚に悩む人妻と、青年の恋は火と燃えた。しかし、ジョーはスーザンをあきらめていなかった。フランスから帰った彼女を、ジョーはとうとう口説き落した。スーザンは妊娠した。純真な彼女はジョーとの結婚を真剣に考えた。娘の変調を知ったブラウン氏は、金と仕事を保証する条件でジョーが市から立ち去ることを申込んだ。ジョーは拒絶した。彼の態度をみたブラウン氏は、二人の結婚を許した。しかし、ジョーの心にはアリスのひたむきな愛情も忘れ得ぬ存在となっていた。しかしジョーはブラウン氏の申出をきかざるを得なかった。アリスはジョーからすべてを聞いた。放心した彼女は自殺した。アリスの死を知ったジョーは自分の犯した罪を、泥酔することで忘れようとした。しかし、周囲の人々はジョーをスーザンとの結婚にせきたてた。ある日、二人のめでたい結婚式が華かに行われた。ウォーンリーは街中挙げて、二人の結婚式を祝った。しかし、ジョーの苦悩にみちた表情は、まわりの華やかさにくらべて、あまりにも暗かった。...

作品データ

原題 Room at the Top
製作年 1959年
製作国 イギリス

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

アラモ[DVD] アラモ[DVD]
アラモ[DVD] アラモ[DVD]
発売日:2011年6月22日 最安価格: ¥851 発売日:2016年9月2日 最安価格: ¥1,000
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi