「80年代の青春コメディ」ときめきサイエンス としぱぱさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ときめきサイエンス

劇場公開日 1986年7月12日
全4件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

80年代の青春コメディ

ハイティーンの若者が憧れる、セクシーで
ナイスバディとルックスの年上女性。
高校生の冴えない二人がコンピューターで
そんな女性を作り出したらってストーリー。
その女性にケリー・ルブルック。
後にスティーブン・セガールの奥さんなん
ですね。また、驚きは冴えない二人を苛める
金持ちボンボンのいじめっこ役の片割れで
なんとJrがついてないロバート・ダウニー名で
出演しています。多分二十歳位かなあ。
どこかで見たと思ってたらクレジットで驚きてした。
でも昔から相変わらず女性に対してクズ役
ばっかりだったのね笑。
まあ、ストーリー、作品的にも当時のノリで
作られてますから懐かしい音楽がかかってるし
よくあるシチュエーションだから新鮮さや
感動、驚きはないけど個人的には嫌いじゃない。
楽しめました。

としぱぱ
さん / 2017年5月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi