トゥエンティフォー・セブン
ホーム > 作品情報 > 映画「トゥエンティフォー・セブン」
メニュー

トゥエンティフォー・セブン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ボクシングに賭ける中年男と落ちこぼれ青年たちの奮戦を描いたドラマ。監督は本作で長編劇映画デビューを果たした新鋭シェーン・メドウズ。脚本はメドウズと彼の盟友のポール・フレイザー。製作総指揮は「マイケル・コリンズ」のスティーヴン・ウーリーで、製作も同作のイモジェン・ウェスト。撮影は「セカンド・ベスト 父を探す旅」のアシュレイ・ロウ。音楽はソングライター&プロデューサーとして活躍するニール・マッコールとブー・ヒューアダイン。美術はジョン=ポール・ケリー。編集はウィリアム・ダイヴァー。出演は「シークレット・エージェント」のボブ・ホスキンスのほか、素人やアマチュア俳優から選ばれた少年たちが登場。

ストーリー

イングランド中央部の町、ノッティンガム。かつてボクサーだった中年男アラン・ダーシー(ボブ・ホスキンス)は、人生を再びやり直そうと、廃墟と化していたかつてのボクシングジムに手を入れてジムを新たに開設。毎日やることも見つからないまま無為に過ごしている落ちこぼれな若者たちである、ベニー(ジョン・マイヤース)、スチュアート(カール・コリンズ)、ヤンギー(アンソニー・クラーク)の3兄弟、そして彼らと敵対するナイティ(ジェームズ・フートン)、ティム(ダニー・ナスバウム)らをクラブに呼んで、トレーニングを開始する3兄弟。彼らはだらけた根性をたたき直され、対立も薄らいだ。折よく、地元のギャングのロニーから肥満した息子トンカの身をあずかり、ダーシーは口たんまり援助資金をもらった。おかげでクラブの用具も整い、ウェールズの新鮮な空気のもとでキャンプ合宿までできて、町でもようやくジムは評判に。他の町との対抗試合も実現の運びとなったが、試合当日思わぬ事件が。若い日にボクサーに挫折し、かねて妻子をことあるごとに折檻していたティムの父親(ブルース・ジョーンズ)が、晴れの舞台で息子のティムを罵ったのだ。怒ったダーシーは彼に手を出すが、相手は意識不明に……ダーシーは町を去った。数年後、町に戻ってきたダーシーは廃墟で虫の息だったところをティムに発見された。ティムはダーシーを介抱し、彼のふところからかつて彼がつけていた日記帳を見つけて、数年前の日々を思い起こす。ダーシーと少年たちがすごした日々はまたよみがえるのだろうか……。...

作品データ

原題 Twenty Four Seven
製作年 1997年
製作国 イギリス
配給 シネカノン
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「トゥエンティフォー・セブン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi