デンジャラス・ウーマン もう誰も殺せない
ホーム > 作品情報 > 映画「デンジャラス・ウーマン もう誰も殺せない」
メニュー

デンジャラス・ウーマン もう誰も殺せない

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

金に目がくらんだ人間たちの醜い争いをスリリングに描いたサスペンス。

ストーリー

子供時代の事故で半身不随となり、いま孤独な日々を送る女富豪エリーゼ(リスベト・フメル)にとっては、運転手のアンジェロ(ピエランジェロ・ポッツァー)とメイドのヴィヴィアン(ベアトリーチェ・パルメ)だけが心の慰めだった。彼女は二人に財産を残すことを決める。だが、そのことを知ったアンジェロとヴィヴィアンは欲望の虜となり、一日も早く財産を手に入れようと、エリーゼの殺害を計画する。エリーゼを恐怖によるショックで殺すという完全犯罪だ。追いつめられたエリーゼは反対にアンジェロを感電死させるが、翌朝生きている彼を見たエリーゼは、心臓発作を起こし死んでしまった。二人の計画は成功したのだ。ヴィヴィアンは遺産を独り占めしようとアンジェロを焼き殺すが、自分も誤って風呂場で感電してしまうのだった。...

作品データ

原題 Dangerous Women Le diaboliche
製作年 1989年
製作国 イタリア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi