デリカテッセン
ホーム > 作品情報 > 映画「デリカテッセン」
メニュー

デリカテッセン

劇場公開日

解説

終末戦争後のパリにたった一軒残った精肉店を舞台に展開するひねりのきいたブラック・ユーモア。製作はクローディー・オサール、監督・脚本はこれが長篇デビューとなるジャン・ピエール・ジュネとマルク・キャロのコンビ、共同脚本にジル・アドリアン、撮影はダリウス・コンジ、音楽をカルロス・ダレッシオが担当。出演はドミニク・ピノン、マリー・ロール・ドゥニャほか。

ストーリー

核戦争から15年、生き残りの人々が食料をあさり合う荒廃したパリの街はずれ、職を求めてルイゾン(ドミニク・ピノン)はこのデリカテッセン(肉屋)にやってきた。ところが店の主人(ジャン・クロード・ドレフュス)はこうしてカモをおびき寄せては肉にしてしまう恐しい男。その娘で心優しいジュリー(マリー・ロール・ドゥニャ)は一目見て気のいいルイゾンに好意を寄せ、またしても犠牲者が増えるのが堪まらず、反体制の菜食主義者たる“地底人”たちと手を結んで秘かにルイゾン救出作戦に乗り出す。ところでこのデリカテッセンの上はアパルトマンになっているのだが、住人たちは各れ劣らぬ強者揃い。今や遅しとルイゾンの肉を待ち受けているだけに、突然侵入してきた地底人たちと上を下への大騒ぎ。もちろん一番手強いのは親父だ。風呂場に水を溜め、アパートを大洪水にするというルイゾンの最後の一手も失敗し、ついにルイゾンとジュリーに親父の手が迫る。しかし危機一髪、ルイゾンから奪って親父の放ったブーメランは逆に親父自身の額にめり込んだ……。騒ぎの収ったアパルトマンの屋上で平隠を楽しむルイゾンとジュリーの姿があった。...

作品データ

原題 Delicatessen
製作年 1991年
製作国 フランス
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全2件)
  • マニアック最高❗ とにかく映像もキャストも独特❗ストーリーも御道路御道路強いけど、好きな人は好き❕❗ ...続きを読む

    あおっぺ あおっぺさん  2015年4月30日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 40点 放映当時は斬新だったのかもしれない (2012/6/7) しかし、 いまではシュールな作品の一部という印象しかもてなかった。 何かあるのかと最後まで見たけど、 おもしろさは感じず・・・。 笑いがダウンタウン世代以降とマッチしなさそう ...続きを読む

    2013年3月8日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

デリカテッセン[DVD] デリカテッセン[Blu-ray/ブルーレイ] ゴーストキャッチャー[DVD] アメリ【期間限定生産版】[DVD]
デリカテッセン[DVD] デリカテッセン[Blu-ray/ブルーレイ] ゴーストキャッチャー[DVD] アメリ【期間限定生産版】[DVD]
発売日:2012年5月9日 最安価格: ¥891 発売日:2013年3月27日 最安価格: ¥1,201 発売日:2005年7月2日 最安価格: ¥4,250 発売日:2016年9月3日 最安価格: ¥1,998
Powered by 価格.com

他のユーザーは「デリカテッセン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi