デッドタイム・ストーリー おとぎ話は血の匂い
ホーム > 作品情報 > 映画「デッドタイム・ストーリー おとぎ話は血の匂い」
メニュー

デッドタイム・ストーリー おとぎ話は血の匂い

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

3話構成のオムニバス・ホラー・コメディ。製作はウィリアム・ボール。エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・J・リンクスとスティーヴン・マックラー。監督はジェフリー・S・デルマン。脚本はデルマンとJ・エドワード・キアーナン、チャールズ・シェルトン3世、撮影はダニエル・カントン、音楽はスティーブン・メリロが担当。出演はマイケル・メスマー、スコット・ヴァレンタインほか。

ストーリー

ブライアン少年(ブライアン・デ・パーシア)は、ねつかれないので、マイクおじさん(マイケル・メスマー)にお話をねだった。おじさんは話を始めた。<ピーターと魔女たち>中世。2人の魔女に奴隷として売られたビピーター(スコット・ヴァレンタイン)は、2人の妹を生き返らせる秘薬の材料として、黒猫の脳、兎の心臓、聖者の左手、黒豚の尾などを集めさせられる。最後の仕上げとして金髪の美女をつれてこさせられるが、彼女に恋したピーターは魔女を殺して2人で逃げ出す。ハツピー・エンディングに不満なブライアンのため、マイクは<ジョギング・ウェアの赤ずきん>の話をする。祖母のためにレイチェル(ニコール・ピカード)は薬局へ行き便秘薬をもらってくる。ところが、それが抗オオカミ男薬がまざったものだったので狼男のウィリーは、祖母の家へ。ところが、レイチェルはボーイフレンドと森でいちゃついていなかった。血まみれになって発見された祖母は、病院で気がつき何か話そうと口をあけた。口には大きな牙が並んでいた。ブライアンはまだねむらない。で、マイクは、続いて<色情娘ゴルディと3人のベアー一家>の話をする。精神病院からパパ・ベアーと、ベイビー・ベアーを奪還してきたママ・べアー(メリッサ・レオ)は、我が家にもどった。家には死体のコレクションといっしょに色情狂のゴルディ(キャスリン・デ・プラム)が暮らしていた。ゴルディとベアー一家がピッツァを食べに出かけている時、警察が家を急襲し火をかける。警察は凶悪犯どもは死亡したと発表するが、ベアー一家とゴルディは自由を謳歌する。話を終えたマイクは居間にもどる。寝室では怪物が出現し、ブライアンが悲鳴をあげる。マイクは一瞬迷ったが、結局そのまま階段をおりていった。...

作品データ

原題 Dead Time Stories
製作年 1986年
製作国 アメリカ
配給 コムストック

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「デッドタイム・ストーリー おとぎ話は血の匂い」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi