テキサス
ホーム > 作品情報 > 映画「テキサス」
メニュー

テキサス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

ウェルズ・ルート、ハロルド・グリーン、ベン・スターの共同シナリオを「夜を楽しく」のマイケル・ゴードンが監督した西部喜劇。撮影はラッセル・メティ、音楽はフランク・デヴォールが担当した。出演は「サイレンサー 沈黙部隊」のディーン・マーティン、「名誉と栄光のためでなく」のアラン・ドロン、「シェナンドー河」のローズマリー・フォーサイス、「荒野の3軍曹」のジョーイ・ビショップなど。製作はハリー・ケラー。

ストーリー

これは開拓時代のアメリカ西部、テキサスに展開する物語である。ルイジアナ州のネイラーの大邸宅では今やスペイン公爵ドン・アンドレア(アラン・ドロン)と清純な西部娘フィービー(ローズマリー・フォーサイス)の盛大な結婚式が挙行されようとしていた。ところが突然、この結婚式に反対する3人の男が暴れこみ、乱闘のあげくそのうちのひとりが事故死した。それをドンの仕業と主張した彼の仲間のために、ドンはお尋ね者となって追われる破目になった。彼は射撃がうまく飯には困らなかった。テキサスに渡ったドンはある日、牛飼いのサム・ホリス(ディーン・マーティン)にその腕を見こまれ雇われた。サムは友人のインディアン、クロンク(ジョーイ・ビショップ)とともに危険なコマンチ地区を牛を追って通過するため、用心棒が欲しかったところだった。ドンはトラブルを起こす名人で事件のたえまがなかった。ある日彼はインディアン娘ロネッタ(ティナ・マルカン)の危機を救ったが、自分も傷を負い、開拓集落へ運ばれた。そんな時ドンを追ってテキサスへ来たフィービーをひと目みたサムはたちまち恋のとりこになった。一方開拓村では、ドンがロネッタを誘拐したと感違いし、コマンチ族の復讐を恐れていた。だが結局は、戦闘となり、サムやテキサス警備隊の協力でドンとロネッタは無事救出された。ドンはフィービーを探しに出かけ、ある町で、たまたまサムとフィービーが腕を組んで歩いているのに出食わし、決闘を申し込んだ。しかしテキサスの合衆国加入の騒ぎで中止。そしてまた舞台は西部の荒野に移り、今度は、ドンがコマンチ族に追われるサムとフィービーを助けた。またフィービーの証言で、結婚式の日の事件が事故死と認められ、ドンは自由となった。かくて中止されていたドンとサムの決闘は再開した。お互いに殺したくない素振り。また中止となる。やがてサムとフィービー、ドンとロネッタのカップルが誕生したのである。...

作品データ

原題 Texas Across the River
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「テキサス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi