超時空兵団APEX
ホーム > 作品情報 > 映画「超時空兵団APEX」
メニュー

超時空兵団APEX

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

タイムトラベルを利用した実験の失敗のため、殺人ロボットと人間の闘争が繰り広げられる世界で格闘する羽目に陥った科学者をめぐるSFアクション。監督・原案・脚本はフィリップ・J・ロス、製作はタラート・キャプタン、ロスとジャン・カルロ・スカンドゥッツィの原案をもとに脚本はロスとロナルド・シュミットが執筆、撮影はマーク・W・グレイ、音楽はジム・グッドウィン、編集はダニエル・ローレンス、特殊メイクとロボット効果はアルタード・アナトミー・FX、SFXはウルトラ・マトリックス社がそれぞれ担当。出演はリチャード・キーツ、リサ・アン・ラッセルほか。

ストーリー

2073年。軍はタイムトラヴェルを利用して100年前の世界に探査用ロボットを送り込む実験を内密に計画、実行した。人間の居住地域から離れた砂漠に予定どおりロボットは到着したが、偶然にもそこでキャンピングカーに乗った家族と遭遇したことでタイムパラドックスが生じてしまう。プロジェクトのリーダー、ニコラス・シンクレア(リチャード・キーツ)は自ら過去へタイムトラヴェル、遭遇の現場をおさえ、奮闘のあげくロボットを破壊、未来へ戻る。ところが、彼が戻った未来は一変していた。人間はAPEX(エイペックス)と呼ばれる殺人ロボット軍団と果てしない闘争を続け、しかも全人口の90%が死のウィルスに冒されているという殺伐たる世界だったのだ。呆然とするシンクレアだったが、彼はこちらでも科学者であり、シェパード、テイラーという男たちとチームで行動を共にしていること、さらにエイペックスとはシンクレアらが作り上げたあの探査用ロボットであることなどがわかると、実験の失敗を修正することで、元の世界へ戻る計画をたてる。彼はウィルス感染者の中に、もといた世界では妻のはずの女性ナターシャ(リサ・アン・ラッセル)を見つけ、強引にチームに引き入れ、この世界では磁気異常の場所と認知される研究所跡へと向かう。ほとんど死地へ赴くに等しい任務に付き合わされたチームの仲間の冷たい態度と度重なるエイペックスの襲撃を何とかかわし、研究所にたどりついたシンクレアは、そこがあのタイムトラヴェルの施設であることを確認し、意図的にそこにナターシャと残る。はじめはすげなかった彼女も、シンクレアには打ち解けるようになり、チームの仲間が研究所から一旦引き返したあと二人は結ばれる。シンクレアの修正作業が進むにつれ、研究所のみならずその世界は確実に消滅をはじめる。エイペックスによる研究所への攻撃とそれによるナターシャの死、事態の異常さを受け入れられないシェパードらの妨害を乗り越え、シンクレアは稼働をはじめたタイムトラヴェルのゲートの中に飛び込む。こうして彼は無事元の世界へ戻り、実験の失敗を阻止し、妻との再会を果した。...

作品データ

原題 Apex
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 コムストック
上映時間 103分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi