地球最後の日
ホーム > 作品情報 > 映画「地球最後の日」
メニュー

地球最後の日

劇場公開日

解説

色彩空想科学映画1951年度作品で、「月世界征服(1950)」のジョージ・パルが製作した。エドウィン・ボルマーとフィリップ・ワイリーの原作からシドニー・ボームが脚色、「武装市街」のルドルフ・マテが監督した。撮影は「サンセット大通り」のジョン・サイツと「荒原の死闘」のハワード・グリーン、音楽はリース・スティーヴンスの担当。特殊効果はゴードン・ジェニングスとハリー・バーンダラーが受け持っている。主演はリチャード・デアと「第一軍団」のバーバラ・ラッシュ、以下ピーター・ハンスン、ジョン・ホイト、ラリー・キーティングらが助演。

ストーリー

南阿の観測所にいた天文学者のブロンソン博士は、新星「ベラス」とその衛星「ザイラ」が地球に接近してくるのを認め、飛行士のデイヴ(リチャード・デア)と共にニュー・ヨークのヘンダースン博士(ラリー・キーティング)に報告するため飛来した。研究の結果、9ヵ月後に「ザイラ」は地球をかすめ、地震、津波を起こした上、その19日後に「ベラス」が地球と衝突することが判った。ヘンダースン博士は、国連にロケットで他の遊星に非難する案を提出したが、天文学者のオティンガー博士がこの衝突説を否認したため、国連は何の対策もとらないことに態度を決定した。しかしヘンダースン博士は自説を信じ、ロケット建造を各方面に説いてまわった結果、百万長者のスタンスンが資金を提供することになった。不休の工事が続けられ、ロケットは完成して、新遊星に移住する男女各19人が選ばれた。「ザイラ」通過の日、ヘンダースン博士やその娘ジョイスらは地下壕に非難、デイヴらはヘリコプターによってニュー・ヨークが大津波にのまれる様をつぶさに実見した。いよいよロケットが飛び立つ日、選ばれた人々は植物の種や家畜類をたずさえて機上の人となり、遂に地球を立った直後、「ベラス」は予想通り地球に衝突した。「ザイラ」に到着した人々はノアの神話そのまま、新しい世界の建設に立ち上がった。...

作品データ

原題 When Worlds Collide
製作年 1951年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント日本支社
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第24回 アカデミー賞(1952年)

受賞
特殊効果賞  
ノミネート
撮影賞(カラー) ジョン・F・サイツ W・ハワード・グリーン

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • 現代版「ノアの箱舟」 ネタバレ! 最初に聖書の「ノアの箱舟」のくだりがあり、「ノアの箱舟」がこの映画の起源であることがわかる。 主要な点。 ・ヘンドロン博士と百万長者のスタンスンの確執。 ・ランドールとジョイスの恋の行方。 地球... ...続きを読む

    不死鳥 不死鳥さん  2016年6月22日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi