小さな泥棒のレビュー・感想・評価

メニュー

小さな泥棒

劇場公開日 1990年4月28日
1件を表示 映画レビューを書く

少女の痛々しさが心にしみて

フランソワ・トリフォー原作ということで、同監督の「大人は判ってくれない」の少女版とも言われているそうです。16歳の多感な不良少女をシャルロット・ゲンズブールが好演しています。
ちょっと眩しそうな目線と半開きのお口が印象的で、その行動は繊細さと大胆さを合わせ待ち、歳幅のある二人の男性に身体を委ねたり、盗みや脱走を繰り返していきます。大人目線で観ると、「これで正道にいくかと思いきや、どうしてまたするりと逃げるの?」と穏やかではいられません。とはいえ、捉えどころのない薄幸少女の魅力を最大限魅せている作品としての価値は大いにあります。

少女はいつかは小さな泥棒でなくなり、ぬくもりを手にした大人の女性に変わるかもしれない。それは母になった時。。そんな希望を残してくれるラストでした。

kakeriko
kakerikoさん / 2014年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi