ダンディー少佐(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

メニュー

ダンディー少佐

劇場公開日 1965年4月17日
2件を表示 映画レビューを書く

Viva Dundee ネタバレ

Peckinpah監督ということで…覚悟して鑑賞。

残酷なアパッチリーダーCharribaへの報復の為に、準備を整えていく前半や騎馬戦は面白かったです。

ただ、Major Dundee率いる隊員達同様、観ている方も、討伐にこんなに時間がかかるとは予想していませんでした(^_^;)。メキシコの村でのお祭り辺りから、話の流れが何処へ向かうのか迷子になりかけます。

メキシコ女性の扱いには、"The Wild Bunch"と良く似た所がありました。監督の好みが良く分かります(^_^;)。恋愛要素は余計に感じました。

やや傲慢で身勝手だからか、刑務所監督に左遷されたDundee。兎に角、相手構わず戦に身を投じる意外上手く生きる術を知らない男。とりあえず戦っていないと女や酒に溺れて自分を容易く見失ってしまう。タイトルからしてこれは血迷うMajor Dundee、そして監督自身の姿を凝縮したものなのでしょう…。背景がバラバラの軍隊を統率する少佐の苦労は、撮影現場を仕切る監督にも通じるのかな…?

"The Last Hard Men"ではトラウマになったJames Coburn(T_T)。またしてもインディアン系でしたが、良い役柄でした。そして、服を着ていても着ていなくても、スタイル良しのCharlton Heston(*^▽^*)。Richard Harrisも格好良かった…Dumbledoreの面影なし!

"It was good to celebrate just being alive."

everglaze
everglazeさん / 2017年9月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

散漫な物語進行 ネタバレ

総合50点 ( ストーリー:40点|キャスト:60点|演出:60点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 チャリバという先住民の攻撃があり、物語は主人公と騎兵隊対チャリパの一味という構造かと思った。しかしこのチャリバがなかなか物語に登場してこない。そして突然登場してはすぐに消えて全く存在感が無い上に、どうやってこちらの位置を把握して登場したのかも謎のまま。そして戦闘の場面もはっきりしないしたいした迫力があるものではない。
 その後も物語がだらだらと続く。村に行ったり女との関係を描いたり野営したり町で手術して飲んだくれたり。この散漫な展開は何なのだろう、時間が長いだけでさっぱり物語が進展しない。結局最後はフランス軍が倒すべき最後の敵となるが、その間の対立と追跡がしっかりと描かれていないために唐突な戦いになる。
 途中で少佐と中尉の内部対立が主題なんだとわかる。しかしそのためにここまで行き当たりばったりで散漫な物語進行になるというのは退屈だったし盛り上がらない。登場人物が多くてそれぞれの立場や性格を把握するのが大変な割に、彼らの描写や活躍の場面も魅力も少ない。ペキンバー監督の壮絶な戦いの描写を期待したのだが、冒頭の吊るされて焼かれた士官が一番印象に残る程度だったので全く期待はずれで不甲斐ない。

Cape God
Cape Godさん / 2017年9月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi