弾丸特急 ジェット・バス
ホーム > 作品情報 > 映画「弾丸特急 ジェット・バス」
メニュー

弾丸特急 ジェット・バス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

全長50メートル、重量75トンという原子力バスの処女運転で捲き起こるパニックを喜劇タッチで描く。製作指揮はマイケルとジュリア・フィリップス、監督はTV出身のジェームズ・フローリー、撮影は「ミッドウェイ」のハリー・ストラドリング・ジュニア、音楽はデイヴィッド・シャイア、編集はエドワード・A・ワーシルカ・ジュニアが各々担当。出演はジョセフ・ボローニャ、ストッカード・チャニング、ジョン・ベック、ルネ・オーベルジョノワ、ネッド・ビーティ、ボブ・ディシー、ホセ・フェラーなど。

ストーリー

全長50メートル、重量75トン、32個の巨大なタイヤをはいた世界最初の原子力バス『サイクロプス号』が、今、ニューヨークのバス・ターミナルからコロラド州のデンバーに向けて、歴史的な処女運行にのぞもうとしている。収容乗客数180名、快適な乗客サロン、プールやボーリング場まで備えた、正に動くレジャー・ビルである。サイクロプス号を運転するのは設計者キティ(ストッカード・チャニング)の恋人のドン・トランス(ジョセフ・ボローニャ)、そしてショルダーズ(ジョン・ベック)の2人である。サイクロプス号の出発を目前に控えたコントロール・センターに、爆弾が仕掛けられた。幸い大事に至らなかったが、これは原子力を商売上の脅威とみなした国際的な石油会社グループが、その道のプロのアイアンマン(ホセ・フェラー)と彼の弟アレックスに妨害を依頼したのだった。さて、サイクロプス号はデンバーに向けてノン・ストップ試運転に出発した。主な乗客は、ファッション・デザイナーのカミール・レビィ、クレイン夫妻(サリー・ケラーマン)(リチャード・マリガン)、キュドス神父(ルネ・オーベルジュノア)、エメリー・ブッシュなどである。走りだしてすぐ、アイアンマンが仕掛けた第2の時限爆弾が爆発、ブレーキが破壊され、山道を暴走しはじめた。ダンの必死の緊急操作で、バスはやっと停止したのだが、そこは深さ10メートルの崖っぷちにシーソーよろしくひっかかってしまった。ダンは、崖からつき出た車体部分の重量を軽くするために、積んであったジュース類を全部後部へ移した。おかげでキティが危うくジュースで溺れかける騒ぎ。ダンの決死的な働きでバスはやっとハイウェイに戻ったが……。...

作品データ

原題 The Big Bus
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント=CIC

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「弾丸特急 ジェット・バス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi