タワーリング・インフェルノのレビュー・感想・評価

タワーリング・インフェルノ

劇場公開日 1975年6月28日
22件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

炎を甘くみてはいけません。

高層ビルの大火災。

1970年代の映画ですが迫力満天!

小さな火だから大丈夫と過信すると、とんでもない大惨事を招いてしまうことを学びました。

まだ消防法なども整っていない時代だからこそ、非常識なことばかり⁉︎

非常扉の前にセメントの塊があるなんて論外としか思えません!

エレベーターでの避難することが如何に危険かを考えるとともに、避難経路の把握も日頃から知っておく必要がありそうですね。

最近は高層マンションに住む人も増えていますが、高層階に住むリスクについても改めて考えるとべきことだと思いました。

ガーコ
ガーコさん / 2017年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

パニック映画の名作‼️

ずっと面白いと聞いていたからずっと鑑賞したかった作品‼️DVDレンタルして鑑賞しようと思っていたが丁度テレビで上映されたから鑑賞‼️
ハラハラして鑑賞していた

たか
たかさん / 2017年8月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地獄の焔の中で、人の真価が試される

サンフランシスコにそびえ立つ世界最大の超高層ビル。
落成式で賑わう中、誰も知らぬ所でボヤが発生。やがてそれはビル全体へ拡がる大火災へと発展していく…!

「大空港」「ポセイドン・アドベンチャー」「大地震」…。
70年代ブームとなったパニック映画、その最高峰とされる本作。
やっぱりね、何度見ても面白いんだな、これが!

ジョン・ウィリアムズの軽快な音楽に乗せて画面いっぱい、ヘリがサンフランシスコ上空を飛行するオープニングがまず好きだ。
これから始まる超大作へのワクワク感を充分高め、この雄大なオープニング・シーンは「サウンド・オブ・ミュージック」に匹敵すると言っても過言ではない。

大惨事の原因は必ず人のミス。
コスト削減、パーティーの為の全灯点火、火災探知機の不具合…。
誰も知らぬ一室で発電機がショートし、引火する“始まり”がヒヤリとさせる。
あっという間に火の海。
部屋に取り残された男女が火だるまとなり絶命するシーンは、ゾッとする恐ろしさと共にスローモーションも合間って妙な美しさもあった。

ひと度惨事が起きると、次から次へとボロが出てくる。
完璧な防災システムなんて名ばかりの、脆い落とし穴。絶たれたら、全てがシャットダウン。
人の驕りを戒めるかのように、地獄の焔が飲み込んでいく。

全員が罰せられる人たちばかりじゃない。
決死の覚悟で消火&救出に奔走する消防士たち。
いち早く異変に気付いた設計者、保安主任。
家族、男と女…招待客たち各々のドラマ。
70年代のパニック映画が好きな最大の理由は、人間ドラマがしっかりしている点にある。

二つの原作を一本化。
20世紀フォックスとワーナー・ブラザーズ、当時としては異例の2大メジャースタジオの共同製作。
それぞれの看板スター、ポール・ニューマンとスティーヴ・マックィーンの最初で最後の顔合わせ。
加えて、オールスターキャストと呼ぶに相応しい贅沢なまでの豪華な面々。
スペクタクル性、スリル、ボリュームたっぷりの群像ドラマ、そして言わずと知れたクライマックスの大胆な消火作戦まで、全てが一級のエンターテイメント!
しっかし、撮影は大変だったんだろうなぁ…。

本作がまるで大トリを飾ったかの如く、パニック映画ブームは一旦鎮火。
90年代再びブームになるが、本作を超える作品は今も現れてない。個人的な意見で言えば、あの「タイタニック」でさえも。(それに、「タイタニック」はラブロマンスだし)
傑作「ポセイドン・アドベンチャー」が駄作「ポセイドン」になってしまったような、お願いだからリメイクしないでね。

近大
近大さん / 2017年4月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バベルの塔 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

138階建て超高層ビルで起きた火災。
一棟の中にオフィス階と住居階があるビル。既に70年代にあったんだ〜とその斬新さにまず驚きました。

一部の人間が私腹を肥やす為に、建物の安全基準がないがしろにされていることなんて、残念ながら未だに問題になっています。建築業界に関わる人達には、5年に一度鑑賞して欲しいと切に思いました…。

地震と火災ではエレベーター使用禁止の理由がよく分かり(^^;)、利用者にとっての現実的な教訓も散りばめられていました。そこまで感じるのも、描写がリアルに見えるからでしょう。炎の勢い、高層階ゆえに強風で窓ガラスの破片が室内に吹き込む様子、大量の水に押し流される人々、落下していく人々…。我先にとロープにつかまり周りを蹴落とす娘婿の姿は、蜘蛛の糸そのものです。女性の多くがイブニングドレスという避難に最も不適切な服装なのもハラハラしました。善良な登場人物もちゃんと?犠牲になってしまう筋書きは、災害時の危険は皆に平等に降りかかるという点を指摘しているようでした。

McQueenが冷静な態度、勇敢な判断と行動に徹する、頼もしい消防隊長を演じていました。たとえ助からなかったとしても、頼れる消防隊員の姿を目にしただけで、救助される側は落ち着くんだろうなぁと思いました。

ひとつの小さな不正が大きな災難を呼ぶ、管理・制御出来ないものを造ってはならないと、観客を戒めつつも、映画として十分面白く、見応えのある作品でした。

everglaze
everglazeさん / 2017年3月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スリリングで緊張感あふれる

「タワーリング・インフェルノ」を直訳すると「そびえ立つ地獄」という意味らしく、本作で「そびえ立つ」は138階の高層ビルを指す。そして「地獄」はこのビルを舞台に起こる火災を指し、第一火災が起こった瞬間から火の恐怖で本作の魅力に包まれていく。
火災によるパニック映画はこの世の中に幾程あるが、これだけスリリングで常に緊張感が伝わる映画は多くない。
更にこの時代では珍しいオールスターキャストの共演。ポール・ニューマン、スティーヴ・マックィーンを筆頭にミュージカルの帝王フレッド・アステアも詐欺師という珍しい役どころで脇を固めている。
前述でとにかくスリリングと述べたが、それが顕著に出ているのが高層ビルという点を活かした高所からの主観映像にある。火災現場で特に人が密集する建物では瓦礫の下敷などで被害を被る痛々しいシーンは付きものだという先入観があったが、本作はこの描写が少ない。その分、高所からの恐怖という部分でビル内での崩壊から足場がなくなった箇所で戸惑う人間と救助側の奮闘が描かれ、新しいパニック映画となっているのは一目瞭然である。
ラストにはこれまた苦渋の決断に相応しい大胆な発想で終幕するが、これも実際の火災の現場を考えると至極現実味のある描写でありラストまで目が離せず興味を掻き立てられる。

森泉涼一
森泉涼一さん / 2016年6月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

怖い、怖すぎる。体が硬直してしまった。いつ、どこで起こっても不思議...

怖い、怖すぎる。体が硬直してしまった。いつ、どこで起こっても不思議ではない。経費削減のための手抜きなんて、やってない方が少ないくらいだろう。この映画は現代への警告なのかもしれない。
豪華俳優陣、最高です。あと、娘婿の悪役っぷり、ある意味爽快です(笑)

はむひろみ
はむひろみさん / 2016年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何度繰り返し観ても最高に面白い。エンターテイメント性だけでなく全て...

何度繰り返し観ても最高に面白い。エンターテイメント性だけでなく全ての人々の人物背景が緻密に描かれている。

hctcl
hctclさん / 2016年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実際は

あそこまで燃えたら911みたいにビル崩壊してしまうんやろうなあ

シネマんディアス泉本
シネマんディアス泉本さん / 2015年9月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名作です!

すごく面白かったです!!約3時間と長いのですが、とにかくあっという間でした。ハラハラドキドキしっぱなしでした!
後から調べたら撮影も実際のビルを使ってると聞き驚きでした!
パニック映画の名作ですね!オススメです。

えり
えりさん / 2015年7月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い!

現代にも起こりそうなストーリーで、見ててドキドキした。

また、消防士の姿がありのままに書かれていて、よかった。
脇役も、光っている。

haru
haruさん / 2015年7月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

流石

流石、超大作。
かっこよさもあり、怖さもあり。

パニック映画の最高峰?と言われるだけある。
もちろん、ストーリー的におかしいところとかあるし、構造等で突っ込みがある部分もあるのでしょう。詳しくは分かりませんが w

それを考慮しても、やはり良くできた作品ですね。長い映画ですが、それを思わせないくらい。
いやー、見て良かった。

TPO
TPOさん / 2015年7月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タワーリングインフェルノ

豪華絢爛。スペクタル映画の代表作。
何度見ても飽きない。

もりもり
もりもりさん / 2015年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつものパターン

アメリカ映画ではこんなパターンがある。
女といいことをする男には災難が降りかかる。
この作品も例外ではない。パーティーに遅れるにも関わらず、秘書とオフィスでしけこむ男は助からない。それどころか女のほうも助からなかった。

よしただ
よしたださん / 2015年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

強欲という名の業。

新宿ミラノ座動員32万人、歴代第二位。

138階建てビルの落成日当日、最上階ではパーティーが催されている。81階では既に炎が燻っていて…。

'70年代、2014年の今と比べて設備・技術共に数段低い中で起こるパニック。これは怖い。
バベルの塔以来、人間は上へ上へと登ることへの欲求が止まない訳だけど、このような結末を迎える可能性があることは留めておくべき。
また、火災原因に絡み、他を排さんとする人の欲や面子、人の業の深さがストーリーに色濃く描写されている。

日本だとホテル・ニュージャパン、世界的にはツインタワーの惨事が蘇った人もいると思う。現場で汗を流す、全ての消防職員への賛歌。

Nori
Noriさん / 2014年12月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

極限のスペクタクル漲るパニック映画の決定版!

これはもう、スティーブ・マックィーンとポール・ニューマンのビッグな名優たちの初顔合わせによる共演シーンを見ているだけでも、至福の時間を過ごせましたね。
ミニチュア撮影ではなく、実際に増築したビルに火を放ち、燃やしてしまうと言う発想自体がとにかく凄いです。
他国の映画産業の追随を許さないハリウッド大作映画の圧倒的なスケールに、すっかりブッたまげました!
最近の映画は何を見てもCGだろうとハナから疑ってしまい、別に驚きも感動もしません。悲しいことです。

みつまる。
みつまる。さん / 2014年7月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

見たくない、見たくない。

でも見ちゃったんですわ。
長年こういったディザスターものが嫌で嫌で
避けてたんですけど。

うぅむ。
やっぱり私には後味はよくないです。
ただ、ヒーローは確実に必要だな、これで救われる人はいっぱいいるな、と。
そして、格好良さに抗えませんね。
あと、フレッド・アステアさん大好きなので、辛いけど、いい役でよかったです。

たけたけ
たけたけさん / 2014年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい

今の様なCGだらけの映画とは比べものにならない
映像は時代を感じさせるところがあるけれど、それらを含めても最近のチャラい映画とはレベルが違う

とやひろ
とやひろさん / 2014年3月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タワーリングインフェルノ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

古い有名な映画とは、知っていたが
今まで見たことがなかった。今回初めて見た映画だけど、凄い映画だ。
高層ビルの途中で火災が起こり、感知器が鳴らない。電気の使いすぎで火災が起こり、スプリンクラーが動かない。コスト削減により、安全をないがしろにする。
今の時代と全く同じことだ。

単なる、火災の映画と思っていたが、まったく違う。消防士が活躍するだけの映画とも違う。何もかも、現実にありそうな作り方、現実にありそうなストーリーだ。

久しぶりに、手にあせをかいてしまった。
三時間と長い映画だけど、いい映画みたかんじだ。

次回、大脱走がある。
これも古い映画だけと見に行って来ようかな。

古い映画は、ストーリーとカメラワークがだいすきだな。

キッド
キッドさん / 2013年12月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現代でも解決されない問題提起

電気背設備のトラブルにより中層階で火災が発生し、最上階で竣工パーティ中の人々を火が襲う。
文字通りそびえたつ地獄と化す超高層ビルで繰り広げられる人間ドラマ。
人々は、それぞれの価値観で火と向き合い、火と戦い、あるいは逃げ、そして時として死ぬ。

コストダウンで品質を並にしたがためにおきる火災。
火災の報告を受けてもたいしたことないだろうと考える判断。
考えうるベストな行動をしたにもかかわらず失われる命。
約40年前の作品ながら、現代に起きても不思議のない、むしろ現代でこそ起きそうな内容で恐ろしい。

----
錚々たる役者陣によりスクリーンに表現される登場人物たちはリアルで感情を揺さぶる。
犠牲になった消防士を見る消防隊長(マックィーン)のなんとも言えない表情が胸に刺さる。
警備主任(O.J.シンプソン)のプロらしい決断と行動も、脇役ながら光る。
詐欺師(フレッド・アステア)の猫を受け取って呆然と立ちすくむ姿は涙なしには見られない。

設計者(ポール・ニューマン)が超絶ヒーローなのとタンク爆破による鎮火はご都合主義的であるものの、二時間半の上映時間を感じさせない演出と脚本は今も色あせない。
文句なしの名作。

くりあ
くりあさん / 2013年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごい見ごたえ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 午前十時の映画祭で、初めてスクリーンで鑑賞した。昔テレビで何度も見たように思うのだがすっかり内容を思い出せなかった。

 大変な困難に正面から向き合い、必死で取り組む人々が描かれていてハラハラしながらも非常に感動的で、とても見ごたえがあった。オールスターキャストだと焦点の絞れないぼんやりした作品に陥りがちなのに、そんなことなくてよかった。マックイーンの登場が若干遅かったのがよかったのかもしれない。

 一酸化炭素中毒が全く描かれないのは絵的に地味だからかな。クライマックスに貯水タンクを破壊して水が出るのだが、津波の恐怖を知っている目で見ると、あのような水しぶきではなく、ゆっくりと水かさが増して、いつの間にかすべてを流し去っていくあの怖さの表現じゃないかなと思った。もちろん天井から水が降ってくるのでちがうのだが。

 電気系統を安物にすり替えた娘婿は、もっと無残な死にざまが見たかった。「火事はこいつのせいだ」とばらされて、リンチに合うとかそういうのがよかった。

 実際は手すりなんか熱くて触れないんじゃないだろうか。パニックに備えて常に軍手を携行して、ぶら下がっても這い上がれるように懸垂ができるようにしておきたい。

 虚飾の栄華が一転して地獄になるところに悪趣味な喜びを感じてしまうのは禁じえない、そんなことを意識させられるところも恐ろしい映画だった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2013年4月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

22件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi