だれのものでもないチェレ
ホーム > 作品情報 > 映画「だれのものでもないチェレ」
メニュー

だれのものでもないチェレ

劇場公開日

解説

1930年代、ホルティ独裁政権下のハンガリーの農村で、富農に引き取られた孤児チェレは、過酷な労働と虐待に耐える日々を送っていた。ある日、家を飛び出したチェレだったが、再び孤児院に収容され、また別の農家へと養子に出されてしまう。そこでチェレは馬小屋に暮らす心優しい老人に出会うが、一家の秘密を握っていた老人は、チェレの養母に毒殺されてしまう。実話を基にしたジグモンド・モーリツの小説の映画化。1979年に日本で初公開され、2010年にリバイバル上映される。

スタッフ

監督
原作
ジグモンド・モーリツ
脚本
ユディット・エレク
ラースロー・ラノーディ
撮影
シャーンドル・シャーラ
音楽
ルドルフ・マロシュ

キャスト

作品データ

原題 Arvacska
製作年 1976年
製作国 ハンガリー
配給 パイオニア映画シネマデスク
日本初公開 1979年3月
上映時間 89分
オフィシャルサイト  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi