卵の番人
ホーム > 作品情報 > 映画「卵の番人」
メニュー

卵の番人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

二人の老人の緩慢なる日常を淡々と描いたファンタジー。監督・脚本は『拍手』(日本未公開)などのベント・ハーメルで、彼の長編デビュー作。出演は実際に大戦中共同生活していたというノルウェーの名優スヴェレ・ハンセンとヒュル・ストルモーンほか。

ストーリー

ノルウェー。雪深い森の一軒家。モー(スヴェレ・ハンセン)とファー(ヒュルストルモーン)の老人の兄弟が、毎日を完璧なルーティーンの中で暮らしていた。が、そんな緩慢だが、平穏な生活も、ファーがスウェーデン旅行中に作った実の息子コンラード(レイフ・アンドレ)の登場で徐々に壊れていく。ファーは車椅子の身となった息子の世話をはじめなくてはならなかった。ファーとの日課がなくなり、暇ができたモーは、それまで禁じられていた行動を開始。秘蔵のお菓子を盗み食い、酒を飲む。ところが、コンラードの卵のコレクションを盗み見ていて、口にしていたパイプで敷ワラをこがしてしまい、モーは“掟破り”のカドで家を追い出されることに。翌朝早く。トラックに乗って家を出たモーは、なぜか晴れ晴れした気分を感じていた。...

作品データ

原題 Eggs
製作年 1995年
製作国 ノルウェー
配給 ユーロスペース
上映時間 86分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi