旅する女 シャーリー・バレンタイン
ホーム > 作品情報 > 映画「旅する女 シャーリー・バレンタイン」
メニュー

旅する女 シャーリー・バレンタイン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

40歳を過ぎて、もう一度自分の人生をみつめ直すひとり女性の姿をコメディ・タッチで描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ダーク、製作・監督は「007/ムーンレイカー」のルイス・ギルバート、脚本・原作戯曲はウィリー・ラッセル、撮影はアラン・ヒューム、音楽はウィリー・ラッセルとジョージ・ハジナシオスが担当。出演はポーリン・コリンズ、トム・コンティほか。

ストーリー

買い物から戻ってきたシャリー・バレンタイン(ポーリン・コリンズ)は、いつものようにワイン片手に夕食の準備をしながら、さまざまなことを思い出す。夫ジョー(バーナード・ヒル)との楽しかった新婚生活や反抗的だった学生時代のこと。そして優等生だったマージョリーへの嫉妬と憧れ。そのマージョリーにシャーリーは数週間前再会した。今はコールガールをしていると告白したマージョリー(ジョアナ・ラムリー)は、シャーリーに憧れていたと告げ、愛情のこもったキスを送るのだった。そんな時シャーリーは、友達のジェーン(アリソン・ステッドマン)がペアで2週間のギリシャ旅行をあて、彼女から旅に誘われるが決心がつかない。そんなことを考えながら食事の準備をしているうちにジョーが帰宅してきた。夕食が遅れ機嫌の悪いジョーにシャーリーはギリシャに行くことを話したものだから、ジョーのかんしゃくが爆発する。それがきっかけとなって、シャーリーは置き手紙を残してギリシャへと旅立つことになる。しかしジェーンは飛行機の中で出会った男と親しくなり、シャーリーはギリシャのミコノス島でひとりの日々を過ごすことになる。ある日、夕暮れ時に海岸沿いのレストランを訪ねたシャーリーは、そこのオーナー、コスタ(トム・コンティ)と出会い、つかの間のロマンスを味わう。やがて自分自身の人生の夢を見つけ始めたシャーリーは、帰国の日、空港でジェーンの止めるのも聞かず島へ戻り、コスタの店で働くようになる。電話で帰るように呼びかけても帰国しないシャーリーをギリシャに迎えに出かけたジョーは、そこで今まで見たこともない美しいシャーリーと再開するのだった。...

作品データ

原題 Shirley Valentine
製作年 1989年
製作国 イギリス
配給 UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第62回 アカデミー賞(1990年)

ノミネート
主演女優賞 ポーリーン・コリンズ
主題歌賞 “The Girl Who Used To Be Me”

第47回 ゴールデングローブ賞(1990年)

ノミネート
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ポーリーン・コリンズ
最優秀主題歌賞 “The Girl Who Used To Be Me”

他のユーザーは「旅する女 シャーリー・バレンタイン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi