宝島(1950)
ホーム > 作品情報 > 映画「宝島(1950)」
メニュー

宝島(1950)

劇場公開日

解説

「南部の唄」のウォルト・ディズニーが1950年度に製作した初の劇映画、英国で撮影されたテクニカラー作品である。ロバート・スティヴンスンの著名な原作から、ローレンス・エドワード・ワトキンが脚色、キャメラマン出身の新人バイロン・ハスキンが監督した。撮影は「ベデリア」のフレディ・ヤング、作曲は「暁の雷撃戦」のクリフトン・パーカーで、製作事務は「バンビ」のパース・パイスが担当する。主演は「南部の唄」のボビー・ドリスコル、「邪魔者は殺せ」のロバート・ニュートン、以下「赤い百合」のバジル・シドニー、「情炎」のウォルター・フィッツジェラルド、「邪魔者は殺せ」のデニス・オディアらが助演する。

ストーリー

18世紀末葉。英国西海岸で母と2人宿屋を開いていたジム・ホーキンス少年(ボビー・ドリスコル)は、家に泊まっていたボーンズ船長が仲間に殺されたことから彼の秘密地図を手に入れた。それをみたトレニロー地主(ウォルター・フィッツジェラルド)は、有名な海賊フリントが孤島にかくした財宝の在所を示したものであることを知り船を買って探検に出発することになった。1本足のシルヴァー(ロバート・ニュートン)という男が仲間の船員を集めて同行したが、海上へ出た時、ジムはこの男こそフリントの手下で、財宝を横取りしようとしていることを知った。目的の島につき、シルヴァーがジムを連れて上陸したあと、残った一味は船を奪おうとして失敗し、船倉に閉じ込められた。ジムは危うくシルヴァーの人質になろうとするところを森へ逃げ込み、ベン・ガンというフリント海賊生き残りの部下に出会った。トレロニーらはジムを救いに上陸してきたが、その留守に船は檻を破った賊に奪われた。夜、ベン・ガンのボートで船に戻ったジムが海賊と戦って島へ戻ってみると、味方がいる筈の砦はシルヴァーのもので、ついに少年は地図を奪われた。海賊たちは早速財宝発掘にとりかかったが、宝はベン・ガンが運んでしまっていて既になく、しかも折りよく駆けつけた味方のために、シルヴァーは捕らえられ、残りの賊は全員殺された。かくて一同が財宝をつみ、シルヴァーを護送して船に戻ろうとした時、彼はそのボートを奪って、あてもなく大海原目指して逃げていった。...

作品データ

原題 Treasure Island
製作年 1950年
製作国 アメリカ
配給 RKO日本支社
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • 色褪せない普遍のテーマ ヒット中の「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」。同じでディズニーによる初の長編劇映画がこの「宝島」だ。(1950年製作) 「生命の泉」との共通点は、一枚の地図による宝の争奪戦と、悪の親玉が... ...続きを読む

    マスター@だんだん マスター@だんだんさん  2011年6月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

宝島 宝島 宝島
宝島 宝島 宝島
2015年6月6日 2016年11月6日 2016年1月23日
¥300 ¥500 ¥300
DMM.com ビデオマーケット ShowTime
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi