太陽の年
ホーム > 作品情報 > 映画「太陽の年」
メニュー

太陽の年

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

第2次世界大戦終わりのポーランドの街で出会ったアメリカ兵とポーランド女性の愛の行方を描く。製作はミハウ・スチャルビッツとミヒャエル・べーメ、監督・脚本は「コンスタンス」のクシシュトフ・ザヌーシ、撮影はスラヴォミル・イトシアク、音楽はヴォイチェフ・キルアルが担当。出演はマヤ・コモロフスカ、スコット・ウィルソンほか。オリジナル・タイトルはRok Spokojnego Stonca

ストーリー

46年のポーランド。戦争で夫を亡くし、クッキーを焼いて足の悪い母(ハンナ・スカザンカ)を養っているエミリア(マヤ・コモロフスカ)は、ある日戦争の後遺症に悩むアメリカ兵ノーマン(スコット・ウィルソン)と出会った。次第に2人は好意を抱きあうが、厳しい状況の中では、2人の幸福に暮らしたいという望みすら実現困難である。裁判所による夫の死亡宣告がない限り再婚できないというエミリアに、ノーマンはいつまでも待つと彼女を抱くのだった。娘の幸せを願いつつ母は死に、エミリアは彼女が自分だけを出国させるつもりだったことを知り深いショックをうけ、同時に国を離れない決心をした。そして何も知らないノーマンは、エミリアに誘われるまま別れのダンスを踊るのだった。64年、修道院の老人ホーム。すっかり白髪になったエミリアは、院長からアメリカヘ出発できることを知らされる。しかし荷物を持って部屋を出ようとした時、エミリアはよろめいたまま倒れ込んだ。今彼女の目には、アメリカの荒野からやってきたノーマンと、あの日踊ったダンスの光景が浮かびあがるのだった。...

作品データ

原題 A year of the Quiet Sun
製作年 1984年
製作国 ポーランド・西ドイツ・アメリカ合作
配給 俳優座シネマテン
上映時間 106分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第43回 ゴールデングローブ賞(1986年)

ノミネート
最優秀外国語映画賞  

第41回 ベネチア国際映画祭(1984年)

ノミネート
金獅子賞 クシシュトフ・ザヌーシ

他のユーザーは「太陽の年」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi