タイムボンバー
ホーム > 作品情報 > 映画「タイムボンバー」
メニュー

タイムボンバー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

なぜか突然に命を狙われ始めた男が逃げつつも自分のアイデンティティを追い求める内に司法長官暗殺事件に巻き込まれるというストーリー。スパイものとスリラーものがドッキングしたようなアクション映画。監督・脚本はアヴィ・ネッシャー、製作は「砂の惑星」のラファエラ・デ・ラウレンティス。撮影はアンソニー・B・リッチモンド。音楽はパトリック・レナードが担当。

ストーリー

時計屋の店員エディ・ケイ(マイケル・ビーン)は近所の火事を目にしたとき、体が勝手に動き出し、超人的な活躍で母子を救出してしまう。彼の活躍をTVで目にしたテイラー大佐(リチャード・ジョーダン)は部下にエディ抹殺の指令を出す。次々と命を狙われるエディだが、そのたびに驚異的な戦闘能力を発揮し、敵を撃退した。時計の修理を頼んできた精神分析医ノルマー(パッツィ・ケンジット)にこれらの不思議な体験を相談していると、またまたテイラーの手下が襲ってきた。ノルマーを一味と勘違いしたエディは、彼女を強引に連れ出して逃避行を企てる。しかし、いつしかエディとノルマーは愛し合うようになっていた。エディは自らの過去に疑いを抱き始め、幻想の中にいつも出てくるメキシコにある精神病院の地下室を、ノルマーと一緒に捜し出す。そこで彼は、ある事実を知る。その事実とは、いままでの自分の記憶は政府機関により植え付けられた模造記憶であるというものだった。エディは殺人マシンに改造された人間だった。テイラー大佐はエディに司法長官暗殺計画を妨害させないために命を狙っていたのだ。彼はすんでのところで刑事サーチャー(レイモン・サン・ジャック)の助けを得て、暗殺を防ぐのだった。...

スタッフ

監督
脚本
アビ・ネッシャー
製作
ラファエラ・デ・ラウランティス
撮影
アンソニー・B・リッチモンド
美術
Greg Pruss
Curtis A. Scnnell
音楽
パトリック・レナード
編集
Isaac Sehayek

作品データ

原題 Time Bomb
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 アスキー映画
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「タイムボンバー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi