大地のうたのレビュー・感想・評価

メニュー

大地のうた

劇場公開日 1966年10月11日
1件を表示 映画レビューを書く

温かくも冷徹に"家族"を見つめる

描くべきところでありながらもそれまであまり目を向けられることの無かった"家族"を描きカンヌでセンセーショナルを巻き起こした名作。
貧しいながらも懸命に生きる三世代の家族にサタジット・レイは冷徹ながらもどこまでも温かい眼差しを向ける。
そして、私たちはその家族の歴史を見つめる。

どうしてだろうか?普通の家族を捉えたストーリーであるのにものすごく壮大な叙情詩のようだ。
それこそが彼の狙いか。 生死の尊厳や輪廻の精神、神秘に満ちた体験は"日常"の中に潜んでいるのだと言わんばかりだ。
少年オプーは無垢の心で全てを受け入れ成長していく。
「大地のうた」、"オプー三部作"は始まったばかりだ。
残り2作でサタジット・レイはどんな映画体験をさせてくれるのか楽しみでならない。

elle,f
elle,fさん / 2012年6月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi