ダイアン・キートン 可愛い女
ホーム > 作品情報 > 映画「ダイアン・キートン 可愛い女」
メニュー

ダイアン・キートン 可愛い女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

別れた夫と2年ぶりに再会した女が当惑しながらも結ばれていくというラブ・ストーリー。製作はジョージ・バリー、監督はノーマン・パナマ、脚本はノーマン・パナマとアルバート・E・レヴィン、撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はジョン・キャメロンが各々担当。出演は「ミスター・グッドバーを探して」のダイアン・キートン、エリオット・グールド、ポール・ソルビノ、ヴィクトリア・プリンシパル、ロバート・アルダ、ウォーレン・バーリンジャー、マッジ・シンクレア、キャンディ・クラークなど。

ストーリー

ニューヨークのビルの一角に若社長レス(エリオット・グールド)の宅地開発会社がある。レスはスポーツ、賭け事、女、と、10年間連れ添った妻ケイト(ダイアン・キートン)との結婚生活にピリオドを打った今も相変わらずだ。一方、ケイトは、離婚後レスの専属弁護士ルー(ポール・ソルビノ)と2年越しのシークレットラブが続いていた。ルーは年間10万ドルの大事なお客であるレスにはこの関係を秘密にしていた。ある日、ケイトの妹サリー(キャンディ・クラーク)の結婚式のため、式場へ向かったレスは機内で偶然ケイトと逢い、互いに意地を張りながら今は幸せだと言いあう。しかし、愛の炎は秘かに燃えていた。そのことに気付いた2人は、5年間の契約結婚に踏み切ることにし、互いに契約条件を記して提出する。いよいよ新婚生活が始まったがどういうわけかセックスがうまくいかず、レスは同じマンションに住むジャッキー(ヴィクトリア・プリンシパル)からセックスに関する本を借りたりする。彼女も夫スティーブ(ウォーレン・バーリンジャー)とうまくいっていないのだ。結局、ケイトの提案で結婚カウンセラーを尋ねた2人は、クリニックのあるカリフォルニア州のサンタバーバラに出かけることにする。そこには夫婦のセックスを心理療法で正常にするというマグナス(ロバート・アルダ)、ウィリアムス(マッジ・シンクレア)両博士がいるのだ。2人を和解させまいと企むルーは、マルチン夫婦にもクリニック行きを説得する。さまざまな方法で治療をうけているうちに、4人にとんだハプニングがふりかかる。ジャッキーとケイトが気分転換のため部屋を交換していたところに、それとは知らない夫たちがそれぞれの部屋に入ってしまったのだ。こうしたごたごたや、さらにケイトとルーの昔の関係が発覚したことから、2人についに別れ話が持ちあがる。ケイトは別れの日、荷物をまとめ、閑散とした部屋にひとり寂しくたたずんでいた。するとベルが鳴り、ドアを開けると、医者の姿をしたレスが立っていた。改めて、レスを愛していることを知ったケイトは、レスとしっかり抱き合うのだった。...

作品データ

原題 I Will, I Will...for now
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 松竹=富士

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ダイアン・キートン 可愛い女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi