ソドムの市(1975)
ホーム > 作品情報 > 映画「ソドムの市(1975)」
メニュー

ソドムの市(1975)

劇場公開日

解説

1975年11月2日、不慮の死を遂げたピエル・パオロ・パゾリーニの遺作で、ナチズムに加担する4人のファシストが少年少女を集めて繰り展げる一大狂宴を描く。製作はアルベルト・グリマルディ、脚本はパゾリーニとセルジオ・チッティ、原作はマルキ・ド・サドの「ソドムの120日」、撮影はトニーノ・デリ・コリ、音楽はエンニオ・モリコーネ、衣裳はダニロ・ドナティ、編集はウンベルト・アンセルッチ、録音はドメニコ・パスクァディセグリィがそれぞれ担当。出演はパオロ・ボナチェリ、ジョルジョ・カタルディ、ユベルト・P・クィンタバル、アルド・ヴァレッティ、カテリーナ・ボラット、エルザ・ド・ジョルジ、ヘレン・サルジェール、ソニア・サビアンジュほか。

ストーリー

ヒトラー占領下の北イタリア、1944年。ナチズムに加担する大統領(アルド・ヴァレッティ)、公爵(パオロ・ボナチェリ)、殿下(ユベルト・P・クィンタバル)、猊下(ジョルジョ・カタルディ)と名乗る4人のファシスト・グループが、傲慢な権力をカサに一大狂宴を計画した。 〈地獄の門〉4人は、町という町、村という村で、快楽の奴隷としての美少年・美少女狩りを開始し、それぞれ数十人ずつ集めた。そして、その中から4人が点検し投票で少年・少女9人ずつ選び、狂宴の舞台となる館へ運んだ。だが、その途中、一人の少年が逃走しかけたが射殺された。館に入る前に、公爵が17人の少年・少女にこの館を支配する掟を告げた。彼らはすでに死んだことになっており、すべての者は犬のように従順になり、4人を娯しませることにのみ専念しなければならない。ただし、彼ら同士が異性と交わったり、宗教的な行為をすると処刑する、という、非人間的なものだった。 〈変態地獄〉彼らの“教育係”として集められた4人の語り女たちの猥談をキッカケとして、強姦、ソドミーを繰り返した。やがて耐えられなく脱走しようとした少女が虐殺された。 〈糞尿地獄〉スカトロジーに快楽を感じる大統領の提案で、彼らは糞を少女に食わせ、食事にも大量の糞を揃えて、自分たちも食い、吐気を催す少女にも強制的に食わすのだった。 〈血の地獄〉この狂宴も終幕に近づいた。メイドと姦通した衛兵を殺した4人は、少量の血では飽き足りず、全員の処刑を開始した。衛兵たちが少年・少女の目をえぐり出し、頭髪を剥ぎ、焼き印を押し、なぶり殺しにする。この地獄図を窓から双眼鏡を覗きながら自慰にふける男たち。それはナチズムの最後のあがきを象徴するかのようでもあった……。...

作品データ

原題 Salo o le 120 Giornate di Sodoma
製作年 1975年
製作国 イタリア
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.0 2.0 (全3件)
  • なぜカルミナ・ブラーナなのか ネタバレ! 芸術的か悪趣味か紙一重の作品ときいて、 期待してみたら …よくこれを映画化しようと思ったなあ… まず状況が無理やりすぎて置いてけぼりだし 内容も最低!とか言われてたので期待したけど そこまでひど... ...続きを読む

    とば とばさん  2016年3月6日  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • ぐろい ネタバレ! まあ… 実際にこんな奴はいたと思う。 神なんかいないんだと痛いぐらいに主張していますね。 ただ、もうちょっと背景をきちんと描いて欲しかったですね 何故親父達が捕まらないかとか、親父達は普段どんな... ...続きを読む

    カストロ議長 カストロ議長さん  2012年5月5日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 噂が誇張しただけ 知名度高い割りにレビュー無し? レビューする気にもなれないってことかなw ホラー系もそうだけど、もうここまでになるとブラックコメディって感じw 序盤は胸糞悪く、中盤可笑しくなり、終盤は後味悪く ... ...続きを読む

    ごんぞう ごんぞうさん  2011年12月24日  評価:1.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ソドムの市(1975)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi