そして人生はつづく
ホーム > 作品情報 > 映画「そして人生はつづく」
メニュー

そして人生はつづく

劇場公開日

解説

一九九〇年の大地震に見舞われた「友だちのうちはどこ?」の撮影地を監督アッバス・キアロスタミとその息子が訪ねていった体験を再現した映画。「友だちのうちはどこ?」の後日譚といえる映画で、次回作「オリーブの木の下で」を加えて三部作になる。「そして人生はつづく」は九二年のカンヌ国際映画祭で“ある視点”部門のオープニングをかざり、ロッセリーニ賞を受賞した。監督、脚本、編集はキアロスタミ。製作はアリ・レザ・ザリン。撮影はホマユン・パイヴァール。音楽はヴィヴァルディの「二つの狩猟ホルンの協奏曲」を使用。主演は映画監督である父にフファルハッド・ケラドマン、息子のプーヤにプーヤ・パイヴァール。

ストーリー

一九九〇年、大地震がイラン北部を襲った。「友だちのうちはどこ?」の撮影地は被災地の近くだ。映画の少年たちの安否を気遣って、地震の五日後、監督(フファルハッド・ケラドマン)は息子のプーヤ(プーヤ・パイヴァール)とともに撮影の行われたコケール村に行った。車が被災地に近づくと、多くの人々が壊滅した町で瓦礫を片づけていた。道を訊ねながら進んでゆくと災害の様子が目の当たりに迫ってくる。崩れた家を片づける人々、岩におしつぶされた車、亀裂が何本も入った山肌。コケール出身の人に映画の主人公たちの消息を聞いても、コケール村は全滅で消息は知らないとのこと。道を引き返し、あたりを見回すと「友だちのうちはどこ?」で主人公の少年がノートを抱えて走ったジグザグの道が目にとまった。途中で「友だちのうちはどこ?」で主人公に道を教える老人役で登場したヒルさんに会う。彼の村に着くと、人々は災害に見舞われながらもたくましく生きていた。監督は、地震で身内が六十人死んだが、翌日には結婚式を挙げたという男と話しをする。さらに先に進んだ父子は映画に出ていた少年パルバァネを見つけ、車に乗せる。主人公たちのことを聞いたが、彼も知らなかった。パルバァネとプーヤはサッカーの話に夢中で、テレビでサッカーを観たいというので、監督だけコケール村に向かった。丘の頂上でアンテナを建てていた男に主人公たちの消息を聞くと、二十分ほど前にそこを通ったという。あわてて車をふかし追いかけるが急坂で車が故障してしまう。荷物を担ぎ歩いている男に車を押してもらいなんとか坂を登った監督は、今度は彼を車に乗せて山道を登っていった。...

作品データ

原題 And Life Goes on... Zendegi Edame Derad
製作年 1992年
製作国 イラン
配給 ユーロスペース

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • 眼差しはいつでも人にある なにもかも壊された厳しい現実を見る客観的な視点とその地で災害にも負けず逞しく生き抜こうとする人々を温かく見守る眼差しが同居する。 フィクションとノンフィクションを織り交ぜてこの出来事を描くところ... ...続きを読む

    elle,f elle,fさん  2012年6月9日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「そして人生はつづく」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi