戦争と貞操(1957)
ホーム > 作品情報 > 映画「戦争と貞操(1957)」
メニュー

戦争と貞操(1957)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一九五八年のカンヌ映画祭でグラン・プリを授賞されたソヴィエト映画。スピードに富んだ卓抜なキャメラ・ワークや、個人を中心としたテーマの描出で、新しいソ連映画として賞讃された。第二次大戦下の、兵士として出征した恋人を思いながら、空襲下に結ばれた他の男との結婚に悩み、恋人の戦死によって、一人強く生きることを決意する女主人公の物語を、ヴィクトル・ローゾフが執筆、「最後のあがき」「親友」等の未輸入作品を作っているミハイル・カラトーゾフが監督した。キャメラは「女狙撃兵 マリュートカ」のセルゲイ・ウルセフスキー。音楽はエム・ワインベルグ。監督のカラトーゾフは前文化省副大臣という肩書をもっている。女主人公を演じるのはタチアナ・サモイロワ、彼女はこの作品の前に「メキシコ人」という作品でメキシコ女を演じた。他にアレクセイ・バターロフ、ワシリー・メルクーリエフ、アレクサンドル・シュウォーリン、S・ハリートノワ、K・ニキチン、V・ズブコフ等が出演する。後に邦題が「鶴は翔んでゆく」に改題された。

ストーリー

モスクワの夜明け、愛しあうウェローニカ(タチアナ・サモイロワ)とボリス(アレクセイ・バターロフ)は、ひと気のない街の朝の空を、鶴の群がすぎていくのを見た。あいびきからもどった二人は、そっと各々の家の寝室にもどり、幸福な深い眠りにおちる。しかし、戦争が起った。ウェローニカや家族の不安もよそに、ボリスは志願兵として出征しなければならない。贈物のリスの人形のさげる篭の中に、恋人への手紙を託して、彼は出発した。別れの夕食会に遅れたウェローニカは、出征兵の集合地にかけつけた。しかし、鉄柵にさえぎられた人波の中に、とうとうボリスを、しかと見出すことは出来なかった。ドイツ軍の攻撃は激しく、戦いは苦しかった。爆撃によってウェローニカは父母を失いボリスの家族のなかにひきとられた。ボリスの従兄のマルク(アレクサンドル・シュウォーリン)は、以前から秘かに彼女を恋していた。ナチスの大空襲が、モスクワの街を襲った夜、彼は、心の傷あとの癒えぬウェローニカを、恐怖の一夜をおくるうちにわがものにした。ボリスの父親フョードル(ワシリー・メルクーリエフ)の困惑にもかかわらず、ウェローニカは、マルクと結婚せざるをえなかった。戦地のボリスは敵の包囲下の泥濘の中で戦っていた。ウェローニカの写真が、彼を力づけていた。しかし、敵の弾丸が彼を貫き倒した。--戦争が終り、彼とウェローニカは華やかな衣裳をまとって結婚式をあげ、人びとは彼等を祝福する--、頭の中を幻想がめぐり、現実の空が回転し、ボリスは死んだ。モスクワの人達は、遠いシベリヤに撤退していた。ボリスの父のフョードルは病院長として働き、姉のイリーナは医師として、ウェローニカは看護婦として、これを助けていた。ウェローニカとマルクの結婚は失敗だった。彼女は、毎日、郵便配達を待ち、何かを期待しながら送った。音楽家のマルクは、叔父の地位を利用して兵役を逃れている卑怯な男だった。総てが解ったあとで、彼は別れて家を出ていった。戦争が終り、復員兵士たちが帰ってくる日がやってくる。ボリスの死を、ウェローニカは信ずることが出来ない。彼女は花束をもって駅に向った。しかし、ボリスの友人ステパンはいたが、ボリスは帰ってこなかった。ウェローニカの眼に涙が浮んだ。しかし、それは決して絶望の涙ではなかった。ウェローニカの手から、花が一本一本、帰ってきた兵士たちに手わたされた。平和になったモスクワの空を、ボリスとともにあった時のように、鶴の群が飛んでいく。彼女と、ボリスの父とは、じっとその鶴の群を見上げた。...

作品データ

原題 The Cranes are Flying
製作年 1957年
製作国 ソ連
配給 新東宝
上映時間 97分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「戦争と貞操(1957)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi