絶体×絶命
ホーム > 作品情報 > 映画「絶体×絶命」
メニュー

絶体×絶命

劇場公開日

解説

白血病の息子を抱えた敏腕刑事と、その骨髄移植のドナーになりうる凶悪知能犯の対決を描くノンストップ・アクション。監督・製作は「判決前夜 ビフォア・アンド・アフター」のバーベット・シュローダー。製作総指揮はジェフリー・チャーノフ。脚本はデイヴィッド・クラス。撮影はシュローダー作品の常連、ルチアーノ・トヴォリ。音楽は「ブラス!」のトレヴァー・ジョーンズ。美術はアラン・パーカー監督作品で知られるジェフリー・カークランド。編集はリー・パーシー。衣裳はゲイリー・ジョーンズ。出演は「マイ・ライフ」のマイケル・キートン、「男が女を愛する時」のアンディ・ガルシア、「ロング・キス・グッドナイト」のブライアン・コックス、「ファースト・ワイフ・クラブ」のマーシャ・ゲイ・ハーデン、『Wide Awake』のジョセフ・クロスほか。

ストーリー

刑事フランク・コナー(アンディ・ガルシア)の息子マシュー(ジョセフ・クロス)は白血病が再発し、もう骨髄移植しか助かる道はない。しかもたったひとりのDNA適合者は、現在服役中であるIQ150の凶悪知能犯ピーター・マッケイブ(マイケル・キートン)であった。コナーはマッケイブを説得する。始めは鼻にもかけないマッケイブだったが、やがて図書館の利用と噴煙の許可を条件に承諾する。彼は脱走する計画を立てていたのだ。いよいよ手術当日。総合病院の囚人病棟では万全の厳戒態勢が敷かれていたが、マッケイブは手術直前に手術台から抜け出し、警官たちを火だるまにして逃走し始めた。それを知ったコナーはマッケイブを必死で追いかける。手術させるためには彼を生け捕りにしなくてはならない。だが病院の外ではマッケイブの命を狙った警察のパトカーやヘリコプターが待機している。少年マシューの命のタイムリミットは刻々と近づいている。マッケイブはマシューを人質にして脱出しようとするが、マシューのけなげな心に打たれひとりで病院を出る。マッケイブを執拗に追跡するコナーは、ついに彼を生け捕りにした。そして手術は成功。おとなしく捕まったかに見えたマッケイブだが、手術後、体が回復すると、また脱走を目論むのであった。...

作品データ

原題 Desperate Measures
製作年 1998年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 101分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「絶体×絶命」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi