西部開拓史のレビュー・感想・評価

メニュー

西部開拓史

劇場公開日 1962年11月29日
2件を表示 映画レビューを書く

アメリカは昔と今も変わらないな~って感じ。

タイトル通りアメリカの開拓物語です。
ある家庭を開拓とともにアメリカが発展していくストーリーなんだが内容はさておきアメリカ中心的な発想が理解し難い。今も尚なんだが当時はまだアメリカ好き勝手発想が根強いな~と思った。所々正義感シーンはあるけど最後のナレーションでアメリカは拳闘と拳銃で土台を創ったと流れた時アメリカは今と変わらないんだな~とちょっと悲しくなった。それを除けばとてもアメリカ史が分かり勉強にもなりました。カントリーミュージックも流れゆっくり観れます。その感覚で観れば名作は名作です。

エイジ
エイジさん / 2015年2月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

西部がアメリカの開拓魂を育てた

総合:65点
ストーリー: 65
キャスト: 75
演出: 70
ビジュアル: 70
音楽: 70

 近代国家としての形をまだ成立していない時代、まさに西部開拓は命懸けだった。映画は最初から危険がつきまとう。劇中でも数え切れない悲喜劇が起こり、西部劇お決まりのネイティブ・アメリカンの襲撃や無法者との撃ちあいがなくても人が大勢死ぬ。このような危険を厭わぬ開拓魂がアメリカという国を作り上げた。壮大な開拓の歴史劇である。

 だが一つの家族からそれぞれの登場人物がいくつかの年代によって途切れ途切れに描かれるために、一つ一つの物語が弱くなっているのは避けきれない。次の場面では劇中では場所も異なったりかなり年月がたっていたりするため、ちょっと一場面を見逃すだけでも物語を見失い、ついていくのが大変。必ずしもそれぞれの場面同士に関連がないし、もっとじっくりと流れを描いてもいいのではないかと感じた。監督が三人もいてそれぞれ別の撮影らしいが、これも一長一短。きらびやかな豪華キャストたちの登場だが、思いいれが深くなる前に場面が変わるため、あまり感情移入する暇もない。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi