聖なる酔っぱらいの伝説
ホーム > 作品情報 > 映画「聖なる酔っぱらいの伝説」
メニュー

聖なる酔っぱらいの伝説

劇場公開日

解説

パリを舞台に、ある酔っぱらいの体験する奇妙な出来事を描くドラマ。ヨゼフ・ロートの原作を基に、製作はロベルト・チクットとヴィンチェンツォ・デ・レオ、監督、脚本は「偽りの晩餐」のエルマンノ・オルミ、共同脚本はトゥリオ・ケツィク、撮影はダンテ・スピノッティが担当。イーゴリ・ストラヴィンスキーの音楽を使用。出演はルトガー・ハウアー、アンソニー・クェイルほか。

ストーリー

パリ、セーヌ川の橋の下を住み家にしているルンペン、アンドレアス(ルトガー・ハウアー)は、ある日不思議な紳士(アンソニー・クェイル)から、日曜の朝に、聖テレーズ像のあるリシューの教会でミサの後に金を返すことを条件に、200フランを貸してもらうことになる。それからというもの彼の身の上に奇妙な出来事が続く。ワインを飲むために立ち寄ったカフェで仕事が見つかったり、買った新品の財布に金が入っていたり、また若いダンサー、ギャビー(サンドリーヌ・デュマ)とのつかの間の情事を楽しんだり……。そして、あの紳士との約束を果たすために教会へ足を運ぶアンドレアスは、そこでカロリーヌ(ソフィー・セガレン)という女性と出会う。アンドレアスには昔、シュレジアの炭鉱夫だった頃、彼女をめぐって誤まって友人である彼女の夫を殺し、投獄された過去をもっていた。そのカロリーヌと懐しい愛の日々を再現したり、またある日は幼なじみのヴォイテク(ドミニク・ピノン)と再会したりして、アンドレアスはなかなか約束を実現できないでいた。そして風の強いある日曜日、教会の前のカフェでヴォイテクと待ちあわせをしたアンドレアスは、そこで少女に姿を変えた聖テレーズを見る。そのまま昏倒したアンドレアは教会に運ばれ、少女に見守られながら静かに息をひきとるのだった。...

作品データ

原題 La Leggenda del Santo Bevitore
製作年 1988年
製作国 イタリア・フランス合作
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間 129分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • 寓話的 ルトガー・ハウアーの『ブレードランナー』とは全く違うキャラクターが楽しめて、映画だな~と、良い意味で感嘆できました。 ...続きを読む

    Nabes Nabesさん  2013年1月18日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi