青春神話
ホーム > 作品情報 > 映画「青春神話」
メニュー

青春神話

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

台湾の首都、台北を舞台に、一人の予備校生と周囲の人間関係を通して、現代の台湾社会を独特の抑制された形式で描いた青春群像劇。楊昌徳、候考賢などを輩出し、現代映画を代表する国の一つとなった台湾映画界の新人、蔡明亮の監督第一作。製作は「恋人たちの食卓」ほかアン・リー作品でも知られる徐立功、撮影は「バナナ・パラダイス」の廖本榕で、蔡明亮の次作「愛情萬歳」も担当。音楽はCM音楽で注目された黄舒駿で、本作が映画デビュー。編集は王其洋、美術は「バナナ・パラダイス」の李寶琳、録音は胡定一、衣装は陳穎慧がそれぞれ担当。主役の李康生は、ゲーム・センターで偶然監督と出会い、彼のテレビ作品に出演したのに次いで、映画初出演。共演は「ファイブ・ガールズ・アンド・ア・ロープ」などに出演した元ファッション・モデルの王渝文ほか。92年中時晩報電影奨最優秀作品賞、93年東京国際映画祭ヤングシネマ部門ブロンズ賞、トリノ映画祭最優秀新人監督賞などを受賞。

ストーリー

夜の台北。公衆電話から硬貨を盗んでいるアツー(陳昭榮)とアピン(任長彬)。一方、予備校生シャオカン(李康生)は予備校の学費の払い戻しを申し立てるが断られる。エレベーターですれ違ったアツーと、彼の兄と昨晩寝ていたアクイ(王渝文)は、バイクに乗って出て行く。シャオカンの母親は占いで、自分の息子・シャオカンが 伝説の英雄“ナジャ”の生まれ変わりなのだ、と父親に告げ、反発を買う。ナジャの真似をするシャオカン。父親はシャオカンをしかり、母親はおびえる。その夜、アクイとアツー、アピンは遊びに出かける。三人はラブホテルへ入るが、そこでアクイは酔って眠ってしまい、アツーとアピンは彼女を置いて出て行く。次の夜、アツーとアピンはゲーム・センターの配線盤を盗む。それを見ていたシャオカンはゲーム・センターに閉じ込められ、一夜をそこで過ごす羽目に。その次の晩、アツーとアクイは再びラブホテルへ。シャオカンは授業料を払い戻すことに成功し、その前のホテルに部屋を取って、アツーのバイクを壊す。シャオカンの父親は翌日、授業料が払い戻されたことを知って、母親と言い争う。アツーとアピンは盗んだ配線盤をゲームセンターに売ろうとするが、自分たちの犯行がばれ、抵抗の末、アピンは重症を負う。そこへシャオカンの父親の車が通り、二人を運んで行く。アツーに呼ばれたアクイは泣き始め、ここを出て行こうと言う。テレクラに行くシャオカン。だが、何もしないまま出ていき、夜の台北にさまよい出て行くのだった。...

キャスト

作品データ

原題 Rebels of the Neon Gold 青少年[口那][口+托の右側]
製作年 1992年
製作国 台湾
配給 TJC東光徳間

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「青春神話」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi