青春!ケンモント大学
ホーム > 作品情報 > 映画「青春!ケンモント大学」
メニュー

青春!ケンモント大学

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ディベート(討論)に青春を賭ける3人の大学生の姿を描いたドラマ。製作はメアリーケイ・パウエル、監督・脚本はダグラス・デイ・スチュアート、撮影はフレッド・J・コーネンカンプ、音楽はデイヴィッド・フォスターが担当。出演はカーク・キャメロン、ジャミー・ガーツほか。

ストーリー

カリフォルニアのケンモント大学。新入生のタッカー(カーク・キャメロン)とモニカ(ジャミー・ガーツ)、そしてタッカーのルームメイトの上級生、ガースン(ティム・クイル)は大学のディベート(弁論)部でニコルズ教授(ロイ・シャイダー)の指導の下競い合うライバル同士である。しかし彼らにもそれぞれ悩みがあった。タッカーは少年院に送られたことがあり、モニカは男子学生とつき合おうとせず、孤独な一面を持っている。そして本当は作家志願のガースンは自分に政治家として跡を継がせようとしている父に反発している。そんな中ニューヨークでの全米ディベート大会が近づく。それぞれの夜を楽しむ学生たち。しかし酔ったガースンがモニカに手を出したことから、タッカーと争いになり、あげくの果てにガースンは道に飛び出して車にひかれ、命を落とす。悲しみをこらえてタッカーとモニカのコンビは決勝に臨む。しかし相手は名門ハーバード大学。テーマは妊娠中絶問題。押され気味の中、土壇場にモニカが14才の時のレイプ体験を告白、形勢を逆転した。秘かに彼女を愛していたタッカーは、彼女が何故自分からの誘いを断わったか知り、最後に弁論を熱っぽく展開、ついに2人に勝利の女神が微笑むのだった。...

作品データ

原題 Listen to Me
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア・トライスター映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi