スラム・ダンス
ホーム > 作品情報 > 映画「スラム・ダンス」
メニュー

スラム・ダンス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

恋人の死によって殺人の容疑を受けた主人公が真犯人を追う姿を描いたサスペンス。製作はルパート・ハーヴェイとバリー・オッパー、エグゼクティヴ・プロデューサーはキャリー・ブロカウ、監督はウェイン・ワン、脚本はドン・オッパー、撮影はアミール・モクリ、音楽はミッシェル・フルームが担当。出演はトム・ハルス、マリー・エリザベス・マストラントニオほか。

ストーリー

ロサンゼルスの暑い朝。売れない漫画家C・C・ドルード(トム・ハルス)は、妻ヘレン(マリー・エリザベス・マストラントニオ)とは別居中。が、娘ビーンのことが気になって、ヨリを戻したいと思っている。ある日アパートに帰った彼は、何者かに殴られ、気がつくと疾走する車の中にいた。ミスターGとバディ(ドン・オッパー)という名前らしい2人の男は、ドルードが何かの写真を持っていると勘違いしていて、それを渡さなければ殺すと脅かされた。やっとの思いで警察にたどり着いた彼は、スマイリー(ハリー・ディーン・スタントン)という刑事に、ドルードが昨日起きたヨランダ・コードウェル(ヴァージニア・マドセン)殺人事件の容疑者になっていることを聞かされた。ドルードがヨランダに会ったのは、彼の友人ジム(アダム・アント)が経営しているアートクラブのパーティだった。白い肌のブロンド美人の彼女に一目でまいった彼は共に過ごすが、それは一夜の出来事だったはずだ。駅まで落ち合って駆け落ちするはずだったが、彼は行かなかった。その日アパートに戻った彼のもとに、小包が届いており、その中からは、数枚の写真が出てきた。と突然バディが現われ、拳銃でおどして写真を奪っていった。自分で真犯人を見つけるしかないと思ったドルードは、ヨランダのアパートを訪ね、そこで秘書派遣会社から来たヨランダによく似た女に会う。彼女は彼の前で服をぬぎ出した。彼女と同じようにヨランダはコールガールだったのだ。そしてその部屋に来たコールガールも殺された。さらに警察と組織がグルであることを知ったドルードは、ヨランダ殺人の犯人がバディであり、背後にボビー・ナイ(ミリー・パーキンス)という人物がいることをつきとめる。が、もう追跡をのがれることを諦めたドルードは自分が死んだと見せかけ、妻子を呼びよせて霊柩車で逃げ出すのだった。...

作品データ

原題 Slam Dance
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「スラム・ダンス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi