スパイメーカー
ホーム > 作品情報 > 映画「スパイメーカー」
メニュー

スパイメーカー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

007シリーズの作者、イアン・フレミングの若き日を、虚実取り混ぜて描くアクション映画。監督はフェルディナンド・フェアファックス、製作はアイダ・ヤング、エグゼクティヴ・プロデューサーは「燃えつきるまで」のエドガー・J・シェリックとハイム・サバン、脚本は「ボディ・ダブル」のロバート・J・アヴレック、撮影は「リトルマン・テイト」のマイク・サウソン、音楽は「フランス軍中尉の女」のカール・デイヴィスが担当。

ストーリー

1927年、10歳のイアン・フレミングは、母の愛に飢えた、夢想の世界に遊ぶ少年だった。その反動からか、成長し19歳になったイアン(ジェイソン・コネリー)は、見違えるようなイートン校の問題児となっていた。寄宿舎を追い出されたイアンを、母レディ・イヴリン(パトリシア・ホッジ)は陸軍士官学校に入れるが、そこでも問題を起こし、結局ロイター通信社へ就職した。語学堪能なことを見込まれ、モスクワでのスパイ容疑者裁判の取材に赴く。裁判の真相を書いた記事のため、銃殺の危機に陥るが、胸ポケットの鉛の兵士のおかげで命拾いする。ロンドンに帰還したイアンは海軍に協力を要請される。母の干渉の息抜きに訪れたパリのカジノで、ナチスの大物ヘルスタイン(ジョス・アックランド)と出くわし、ロンドンへ戻ったイアンを待っていたのは、情報活動のための特殊コマンド訓練だった。リスボンで重要書類を手に入れたイアンに、ドイツ情報部資料本部のハルムスタッド城奇襲攻撃の命令が下り、イアンらコマンド部隊は、ヘルスタインをロンドンに連行することに成功したのだった。...

作品データ

原題 Spymaker The Secret Life of Ian Fleming
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 シネセゾン

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi