ストレート・アウト・オブ・ブルックリン
ホーム > 作品情報 > 映画「ストレート・アウト・オブ・ブルックリン」
メニュー

ストレート・アウト・オブ・ブルックリン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ブルックリンに住む労働者階級の、ある黒人一家が直面する悲劇を描く。弱冠19歳のマティ・リッチ監督の製作・脚本・出演も兼ねたデビュー作。エグゼクティヴ・プロデューサーはリンゼイ・ロウとアイラ・ドイッチマン、撮影はジョン・ロズネル、音楽はハロルド・ホイーラーが担当。第7回サンダンス・フィルム・フェスティバル審査員特別賞受賞。

ストーリー

ブルックリンに住むデニス(ローレンス・ギリアード・ジュニア)は、仕事がうまくいかず、毎晩大酒を飲んでは母フランキー(アン・D・サンダース)に暴力をふるう父レイ(ジョージ・T・オドム)の姿を見るにつけ、早くこの町を出ようと考えていた。川向こうのマンハッタンに行きさえすれば全てがうまくいくと考え、デニスは友人のラリー(マティ・リッチ)、ケヴィン(マーク・マローン)らと共に、麻薬密売人の金を奪う計画を立てる。恋人のシャーリー(リアナ・E・ドルモンド)にもその計画を打ち明けるが、彼女はそんなことをすれば絶交すると言って中止させようとする。だが、ある日、母が勤め先をクビになっていたことを父が知ることになり、激しく殴られてぐったりしているのを見た時、デニスはついに意を決し、強奪計画を実行する。思いのほかうまくそれに成功するが、友人2人は組織の報復を恐れて手を引いてしまい、その金を見た母もショックで入院してしまう。その病室に妹のキャロリン(バーバラ・サノン)とともに付き添ううち、デニスはもう一度真面目にやり直すことを誓うが、全ては遅すぎた。デニスを探すギャングたちが、病院に向かう父レイを見つけ、射殺してしまう。そして、それを知った母もその日のうちにショック死してしまうのだった。...

作品データ

原題 Straight Out of Brooklyn
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi