スキーパーティー
ホーム > 作品情報 > 映画「スキーパーティー」
メニュー

スキーパーティー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロバート・カウフマンの脚本を新鋭アラン・ラフキンが監督した。撮影はジョン・スティーヴンス音楽はアル・シムスが担当した。出演は人気歌手フランキー・アヴァロン、ドゥエイン・ヒックマン、デボラ・ウォーリー、イボンヌ・クレイグ、アロン・キンケイドほか。製作はジーン・コーマン。

ストーリー

トッド(フランキー・アヴァロン)とクレイグ(ドゥエイン・ヒックマン)はスポーツ万能の大学生で、競技場では女子学生を大いに騒がせるのだが、デートやパーティーの場となるとさっぱりふるわず、ダンスと口説きのうまいやさ男フレディ(アロン・キンケイド)にしてやられていた。面白くないトッドとクレイグは、なんとかフレディの鼻をあかそうと思っていた矢先、またとないチャンスが到来した。ふたりが惚れているリンダ(デボラ・ウォーリー)とバーバラ(イボンヌ・クレイグ)がフレディとスキーに出かけるのだ。そこでトッドとクレイグは、彼らに気づかれないように、同じバスに乗り込み、ロッキー・マウンテンの素晴らしいスキー場へ到着した。スキーが出来なくて意気のあがらないふたりは、一体フレディがどんなテクニックで女性の心をとらえるかをつきとめようと、女装して女子だけのスキー講習会にもぐりこんだ。計画は成功したが、それがうまくゆき過ぎて、女たらしのフレディが、女装した新顔のトッドとクレイグにモーションをかけてきた。そしてふたりはとうとうスキー場を逃げ出す破目となった。ふたりの後を追うフレディ、リンダ、バーバラらの、カルフォルニア海岸まで600マイルにわたる道中が始まった。ふたりのガール・ハント研究家は女に化けたことがたたって、ひどい目にあうが、苦労が実って女にもてる秘訣を体得、宿敵フレディを打ち破った。美しいカルフォルニアの浜辺で、トッドは素敵なビキニ姿のリンダを、クレイグはバーバラをしっかり抱きしめて嬉しそうであった。...

作品データ

原題 Ski Party
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 大映

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi