スーパー・タッチダウン
ホーム > 作品情報 > 映画「スーパー・タッチダウン」
メニュー

スーパー・タッチダウン

劇場公開日

解説

アメリカン・フットボールの名門校を復活させるために集められた17人の珍プレーを描くアクション・コメディ。監督はスタン・ドラゴッティ、製作はメイス・ニューフェルドとロバート・レーメ、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・W・コッチ。脚本はリック・ナトキンとデイヴィッド・フラー、撮影はピーター・スタイン、音楽はビル・コンティ、衣装はダン・ムーア、編集はジョン・ライトが担当。

ストーリー

カレッジ・フットボールの名門校の選手が薬物使用で追放され、急遽ヘッドコーチになったジェネロ(ヘクター・エリゾンド)は、かつてコンビを組んでいたリゲンドーフ(ロバート・ロッジア)とともに、新選手のスカウトを始めた。ところが、かつての名選手で34歳のポール・ブレイク(スコット・バクラ)以外は、サモア出身の巨人マヌマナ(ピーター・ネイビー・トゥイアソソポ)、足は速いがパスが取れないフェザーストーン(デューン・デイブス)、血の気の多い双子、気合いだけは入っている元軍曹など、妙な奴ばかり。しかも、学長エリアス(ラリー・ミラー)は、チームをつぶそうとことごとく邪魔をする。連敗が続く一方で、メンバーたちの結束は次第に強まり、さらに、美人サッカー選手のルーシー(キャシー・アイルランド)が加わる。ブレイクは、スーザン(ハーレー・ジェーン・コザック)という美しい教授と出会い、恋に落ちる。重要な試合を目の前にして、ジェネロは心臓発作で倒れてしまう。しかし、リゲンドーフに激励された選手たちは見事勝利をおさめ、病院のジェネロのもとへ駆けつけるのだった。...

作品データ

原題 Necessary Roughness
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi